美容師の仕事

【本音】美容師が貰って嬉しい&嬉しくない差し入れトップ3

 

いらっしゃいませ。

鉱平ねっとへようこそ。

本日は美容師らしいココだけのネタをお伝えしようと思う。

美容師がお客さんから貰う差入れについてのお話しだ。

美容師が貰ってうれしい差入れと嬉しくない差入れを

僕の妄想と偏見で3つずつ挙げてみた。

一応順位を付けているけど特に意味のない順位だ。

 

まず僕を知らない人へ事前にお知らせしたいのだけど

僕は美容院経営の経験がある現役の美容師だ。

その僕が今回差入れについての見解を記事にしたのが本文となる。

あくまで僕の個人的見解なので、美容師から見て全員に当てはまる内容じゃないから勘違いなさらないようにしてほしい。悪しからず。

美容院へ行くときに差入れを持っていく方や、気になる美容師さんへ

アピールしたい人は、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しい。

 

・そもそも差入れは嬉しい?

基本的には差入れをもらうことを嬉しく思う人が多いと思う反面、実は差入れを貰う事自体を嬉しく思わない人がいるのではと思う。例えば美容師自身や美容院そのものがお断りしている場合がある。それは他のお客様より贔屓や差別化に繋がるから等で理由は様々だ。もちろんそれで営業方針が揺らいだりすることはないのだが、同じ理由で美容院以外の業種でも差入れを受け取れない場合がある。一部公務員や銀行職員等がそうだ。僕が働いた事あるお店でも貰わない方針のお店があった。

今の僕は、お客様のお気持ちをありがたく受け取るようにしてる。だけど、差入れを貰うこと自体は嬉しいけど、気をつかうので極力貰いたくないのが本音だ。経営者をした経験でそう思うところがあるかもしれない。とはいえ、ほとんどの美容師は喜んで受け取ってくれると思う。

 

結論

・一番喜ばれるのは、差入れより定期的に来店して施術にお金を使うお客さん

 

まず先に結論を言うと、差入れでお客さんとしてのポイントが上がることは無いと思う。差し入れの有無に関わらず、料金に応じて出来る範囲のサービスを提供するのが日本のサービス業の基本だからだ。差し入れが無いからと言って、サービスの質を落とすということは無い。

それよりもお店や美容師に一番喜ばれるのは、予約時間を厳守して定期的に来店してくれるお客さんだ。それも施術にお金を使ってくれる方が嬉しい。つまりカットだけするよりも、カラーやトリートメント等の複数メニューを注文して料金を払ってくれるお客さんだ。その方が美容師としての売上や評価に繋がるので喜ばれる。

カットのみで差入れをくれるお客さんよりも、差入れはないけどカット・パーマorカラー・トリートメントのメニューをして帰りに店販のシャンプーやトリートメントを購入してくれるお客さんの方が喜ばれるということだ。

ちなみに、そういうお客様は美容師の体力が残っている午前中の開店1番目とか早い時間に予約来店してもらえるとより嬉しい。

 

・僕の目線で選ぶ嬉しい&嬉しくない差入れトップ3

 

では、それでも売上関係なく美容師さんへ気持ちで差入れをしたい!という方は以下の情報を参考にしていただけると良いかと思う。

美容院へ行くときの参考にしてほしい。順位に意味はないけど、僕の偏見と現場の美容師目線で選択してみた。

 

嬉しい差入れトップ3

 

3位:匂いがキツくない軽食

 

美容師は激務立ち仕事で食事時間がバラバラ。

しかもまとまった時間の休憩が取れなかったりして、お店の外に食事へ行くことは少ない。店内の従業員部屋にこもって短時間で食事を摂ることが多い。なので手軽に食べれる軽食があったりすると喜ばれる。

具体的には手が汚れにくく、匂いがしない短時間で食べられる物だ。

たとえばパン類やおにぎり等。できたら個包装されているものが望ましいだろう。いつ食べられるかわからないから、冷蔵庫に入れたり持ち帰れる状態の物だとなお嬉しい。食中毒で働けなくなると困るからというのもあるけど(笑)

コンビニのパンやおにぎりよりも、さぼてんのカツサンドやデパ地下のおにぎりみたいに少し価格が高めで普段買わない食事が嬉しいと思う。ミスタードーナツ等のファストフードも喜ばれると思う。ただしマクドナルドやケンタッキー・フライド・チキンみたいに匂いがキツイものはNG。あくまで仕事中なので匂いでどこの店かわかるような差入れは止めておこう。

 

2位:日持ちするお菓子

 

ほぼ間違いないのがこのお菓子類。

特に女性が多い業界だから、癖がない甘いお菓子類は喜ばれる。

チョコレートやクッキー類など良いのではないだろうか。

せんべいなどのしょっぱいものも良いけど手が汚れにくい物を選ぶのがベストだと思う。逆に海苔が付いたポテチやポップコーンはやめておくべき。冷蔵も必要ないお菓子で日持ちするなら美容師に喜ばれると思う。スーパーで普通に売ってる見慣れたお菓子よりも、ふだん買わないようなデパ地下で売ってるお菓子など珍しい物が喜ばれるのではないだろうか。僕は身近にある成城石井のクッキーやチョコも普段買わないから差し入れで貰ったら嬉しい。ただし飴やガムは食べるのに時間がかかるから控えた方が良いかも。

 

1位:ペットボトルの飲物

 

僕が差入れで貰ったときにダントツで一番嬉しいのは飲物。特に日持ちするペットボトルは飲みたい時に飲めるから嬉しい。少し重くなるけど、2リットルよりも500ミリリットルを人数分持っていくと良いと思う。個々がそれぞれ持ち帰ることもできるし、ペットボトルなら衛生的だから嫌な人はいないと思う。ただし甘い飲み物やコーヒー飲料、お茶類は味の好みが人それぞれなのでチョイスが難しい。なのでミネラルウォーターなら失敗が少ない。水は誰でも体に必要なものだし、仕事以外でも通勤の移動で飲んだりできる。誰で知ってる銘柄よりも、ネット通販で買えるような珍しいナチュラルミネラルウォーターだとオシャレで喜ばれるかもしれない。例えば美容にいいシリカ水とかね。

ぜひ参考にしていただけたらと思う。

 

というわけでトップ3を紹介した。ここまで嬉しい物として軽食やお菓子を挙げたけど、僕みたいにトレーニングやダイエットで食事制限をしている人には嬉しくなかったり、有難迷惑になってしまうこともある。なので食べ物は美容師の好みとか聞いておく必要はあるかもしれない。僕の場合は軽食やお菓子で炭水化物を貰うよりもプロテインやサラダチキンのたんぱく質を貰う方が嬉しかったりする。お菓子よりもナッツ類とか、こだわって製造された高級オリーブオイルが僕自身は嬉しいと思う。なので無難なところを選ぶならペットボトル飲料がベストだ。それもミネラルウォーターなら失敗することはまずない。意外かもしれないけど、シンプルなものがベストなのだ。

 

番外編:消耗品

 

たぶん普通の美容師は貰ったら嬉しくないかもしれないけど、僕だったら嬉しい差し入れを番外編として紹介する。

それは確実に使うであろう消耗品だ。

例えば自分では普段買わないような鼻セレブ等の高級ティッシュとか値段が高めの歯磨き粉や歯ブラシなんかは嬉しいなと思う。

リステリンとかのマウスウォッシュも嬉しい。

あとはこだわりが無いから入浴剤とかもアリ。

毎日必ず使って早い周期で買う必要があるものだ。

お店で使えるのもポイントが高い。

 

では続いて嬉しくないものを紹介する。

 

3位:手作りの料理・お菓子

 

僕の経験上で困るのは手作りの食品だ。

気持ちは嬉しいが単純に衛生的な部分で不安がある。

調理過程が不明だから食中毒とか心配になる。

また何が入っているかわからないからアレルギー持ちの美容師は

口にすることができないだろう。

僕が困ったのは、家庭用のタッパーに入れて渡された場合。

次回来店時に洗って帰さなければならないから面倒なのだ。

せめて使い捨て容器に入れてもらえる方がまだマシ。

特に汁物とか匂いがするものは手が付けにくいから手作りの食べ物は差入れに向かない。

お菓子類も同じ。

手作りのお菓子類は喜ばれるパターンもあるけど、一定数他人の

手が触れた手作り料理が食べられない人がいるから避けるべきだろう。

 

2位:生モノ・生鮮食品

手作りじゃないにしても、日持ちがしない要冷蔵とか冷凍物は扱いに困る。お店の設備によるところも大きいし、腐りやすい物はやめてほしいのが本音だ。

例えばフルーツや生菓子。

意外かもしれないけどケーキやシュークリームは差入れには適さない場合がある。単純に手が汚れる、食器が必要、包丁が必要なものはやめていただきたいということだ。持ち帰るにしても持ち運びにくいとか傷みやすい食品ならなおさらだ。

フルーツでバナナとかみかんをいただくこともあるけど

個人的には嬉しくなかったりする。

あとさらに意外かもしれないけどアイスクリームもNG。

すぐに従業員が食べられなかったり冷凍庫がお店に無かったりするパターンがあるからだ。おいしいし、夏は嬉しいんだけどお店でもらう分には嬉しくないのが僕の本音。

ハーゲンダッツが大好きだけど自分で買う(笑)

 

番外編:実際に貰った手作りの差し入れ

 

・ポリ袋に入れられた手作りの生野菜サラダ

・サーモンのマリネ

・カットフルーツ

・おにぎり

 

1位:チップ

まず差し入れと同じ認識で考えてもいい物なのか考えてしまったけどランクインをさせた。というわけで、かなり意外に感じるかもしれないけど1位にチップ選ばせてもらった。

みんな知ってると思うけど、チップはサービスに対する労いや感謝の気持ちを表すために従業員へ現金で渡すお小遣いのようなものだ。

 

現金以外にも金券やギフトカードも含めて考えている。

ただし、チップの制度は日本で馴染みがあまりないけど

海外では普通のことだったりする。

なのでチップをもらう事をダメだと否定するつもりもないし、文化としてもありだと思う。

もちろん貰って嬉しいと思う美容師も多くいるだろう。ではなぜ僕がチップを貰っても嬉しくない差し入れとして選んだのかお話しする。

その理由は単純に気をつかってしまうからだ。

チップをくれる気持ちはすごくありがたいけど、他のお客さんと差別することもできないから扱いに困るというのが本音だ。ビジネスとしてはお金を使ってくれる人を優遇するのが正解なのかもしれないけど、僕には向いていない制度かもしれない。

美容院の施術料金以上の金額をチップとして包んでくれたお客さんもいる。気持ちは本当に嬉しいけど、僕個人はこまめな来店で使ってくれたら嬉しいのになと思うところがある。

あとチップそのものがお店の方針で受け取りを控えるように美容師が言われている場合もあるし、受け取らない方針の美容師も実際にいる。

僕も会社規約で受け取らないように言われていたため、お客さんのお気持ちを断ってしまったことがある。これはこれで心苦しいところもあるんだけど(笑)

美容師の間でチップを巡った争いを見てしまったことがある。アシスタントがお客さんの施術の大部分を担当したのにカットをしたスタイリストが貰ったチップを独占した場合だ。仕方ないことだけど、アシスタントの子によっては面白くなかったり陰口を言ったりするからお金の持つ力に怖いなと思ったりもした。

貰ったチップを意味もなく皆で集めて有効利用されないこともある。

なのでチップよりは飲み物や食べ物の方が争いもなく良いのではと個人的見解でそう思った次第である。

 

なのでもしチップを渡すようなことをするとしても、お釣りの小銭を受け取らない程度で十分だと思う。

 

まとめ

 

定期的に来店して常連さんになってくれるのが嬉しい。

従業員へ労いの気持ちだけあれば十分だから差入れはいらない。

いつも来てくれるお客さんはありがたい存在。

物をくれるよりもコミュニケーションの回数が重要だと思う。

 

あとがき

 

このブログでは美容師目線でココだけの情報を発信しています。

僕の情報を参考にしたり反面教師にしてもらえたら幸いです。

Twitterもやっています。日々戯れ言を呟いていますのでフォローお願いします。

YouTubeチャンネルの内容は、ブログの鉱平ねっとでも復習できます。動画発信後に記事をアップしてますのでこちらもご確認お願いします。

というわけで、最後までご視聴ありがとうございました。

また次回お会いしましょう。

愛しき皆さんに幸ありますようにグッドラック!

ばいばいまた会いましょう!

 

-美容師の仕事

Copyright© 鉱平ねっと【戯れ言ステーション】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.