戯れ言 生活

社会貢献したいなら「献血」に行け!

いらっしゃいませ!

鉱平ねっとへようこそ。

 

今回は社会貢献するなら「献血行け」って内容でお届けする。

僕は他人の役に立つことを考えて情報発信をしてるけど、他にもできる活動はないかと思って献血に挑戦してる。通うようになったのは最近。

学生時代にやったことあるけど、ここ10年くらいやってなかった。

そういえば高校時代に世界史の担当教師が献血を趣味にしてた話を思い出したのだが、話によれば相当回数の献血で社会貢献してたらしい。

昔は興味なかったけど、僕も同じく社会貢献でやってみることにした。

同じ頃、献血を趣味にしてる友人に出会い一緒に行かせてもらった。

その友人は教会に通ってボランティアをやったりもしている。

少しでも見習った方が良いなと思ったきっかけでもある。寄付も良いけど、本当の意味で身を削る貢献もありだと思った。

というわけで、今回は人の役に立つ献血についてお話していこうと思う。

 

 

献血の種類

主に200,400,血小板、成分がある。

血液をまるごと採取する全血、血液中の成分を取り出して還す成分献血がある。

どれを選ぶかで次回献血を受けられるまでの期間が異なり、身体への負担もことなる。特に体への負担は成分献血のほうが少ない。

ヘモグロビンの生成には時間がかかるのだそうだ。体力に自信がない人や不安な人は成分献血が良いだろう。

 

詳しくは赤十字のホームページで。

 

献血を受けられる人

これも細かくて、海外渡航歴や病歴、性交の有無、体調、薬の服用、アレルギー、食事の内容で献血できるかどうか変わる。

直前に医師の問診を受けたりもするから、詳しくは赤十字ホームページや献血ルームに問い合わせてほしい。

 

注意点

 

元々身体が弱い人とか血をみるのが苦手な人はやめたほうがいい。

体調不良や薬を服用してる人も同様。

僕は頭痛でロキソニンを常用してるけど、献血的にはアウトらしい。

献血予定があれば3日以内の服用はやめておく必要がある。

これから医療を必要とする高齢者だったり、生理や出産等で体調変化しやすい女性よりも、体力が余っている若い男性の方が献血的に重宝される!

 

献血はお金儲けに利用されてる?

献血は様々なサービスを受けつつ無料でできる反面、お金儲けに利用されているという人がいる。実際に僕の周囲にもそういうことを言う人が一定数いた。日本赤十字側は、提供者から命に関わる血液を無料で手に入れてるのに、患者からは何万円もの医療費をもらって血液を提供しているというのがその主張だ。ゆえに金儲けだから献血に協力しないとも。もちろん協力しないという意思は尊重するべきものなので僕はなんとも思わない。ただし血液そのものは無償で手に入れることができたとしても、献血ルームや献血場所の地代、献血車の維持費、医療関係者の人件費、医療器具代や検査費、物流費、血液製剤化などに一定のコストが含まれるので、ある程度は妥当と言える。しかも検査によっては血液が使い物にならない可能性だってあるし、申告の無いエイズなどの感染症が混ざっている危険性だってある。金儲けというほど言うほどおいしい商売とも言い切れないだろう。

 

自分がいざという時に助かるかも!

希少なAB型やRH-の人は積極的に協力してあげるとベスト。

いざ自分が必要になったときを考えて、同じ血液型を持つ人の助けになれば良いのではないだろうか。

結局、輸血とは助け合いなのだ。

 

都内の献血ルームが快適。

 

成分献血なら2週間で1回。

全血だと3ヵ月に1回受けられる。

その数少ない献血機会で献血ルームに行くことをおすすめする。

とにかく快適にゆっくりと時間を過ごすことができて便利だ。

少し洒落たカフェのような雰囲気がある。

基本的に複数の飲み物が飲み放題でお菓子も食べ放題。

太るから食べ過ぎは気を付けて(笑)

ルームによってハーゲンダッツ食べられたり漫画や雑誌の種類が多かったりと設備が違う。

僕が先日行った池袋ぶらっとは、サンシャイン60通りの交差点を見下ろしながらカフェのようにくつろげる快適な場所だ。

職員さんには、かわいい女の子がいたりして優しくしてもらえる。

基本的に大事にしてもらって、至れりつくせれだと思う!

いろいろな献血ルームに行ってみるのも楽しみの一つではないだろうか。

 

コロナで制限中?

 

今はコロナの影響でコミックの数やお菓子の種類に制限があるかもしれれない。実際に緊急事態宣言中は数を減らしたりしていた。あと混雑緩和のために入場制限したり予約必須になっている。でも予約無しで来て受け入れてもらってる人いた。今なら基本的には予約していった方が間違いなく良いだろう。

それでも快適に利用できるけど長居はだめ。混雑緩和のために1人あたりが長時間滞在しないように呼びかけてもいる。 

 

献血中はスマホOKだった

実際にこの記事も献血ベッドの上で書いてる。血液を抜いてもらっている最中にポチポチと。ちゃんとスマホ利用の許可も貰っている。

ただし通話はダメ。してる人いたけど。

 

定期的にキャンペーン開催してる

今回は、りゅうおうのおしごとキャンペーンでクリアファイルをもらった。

様々な作品とコラボしてたりするから、アニメ好きには嬉しい。

赤十字のホームページでお知らせしているので、チェックしよう。

予約も自分のアカウント作ればネットでできるからおすすめだ。

献血回数に応じて特典があったりもするから定期的に通うのがたのしくなる。

 

まとめ

 

献血は他人への貢献、製薬など社会への貢献につながる。

積極的に社会へ還元していきたい人は、実際に身を削って

世のために血液を捧げよう。

体への負担は成分献血のほうが少ないから、不安な人は成分献血を選ぶと良い。献血後は水分と栄養補給をしっかりする。食事も大事。

無理をせずゆっくり休みたい日にはありかもしれない。

 

お金儲けに利用されてるという人もいるけど

献血ルームや献血場所の地代、設備費、注射器やチューブなど医療器具などの雑費、人件費、検査費、物流費、製品化など様々な経費がかかるから、ある程度は妥当。

 

都内の献血ルームはまるでオシャレなカフェ。

居心地は最高で天国。めっちゃキレイ。

看護師も医師もみんな優しい。

スタッフも若い女の子多くてかわいい!(ルームによる?)

漫画や飲み物・お菓子もたくさんで快適。

そして楽しい。

 

今のところ池袋によく行く。

献血カーで、すぐにおしまいだともったいない(笑)

短時間で終わらせたい人はありだけど、ルームでゆっくりも最高。

マンガ好きなら秋葉原がおすすめ。

 

あとがき

 

というわけで献血に行くべき理由をお話しました。

ここでは鉱山で金を発掘するような発見と美容師目線で

ココだけのお話をお伝えしてます!

さらに有益な情報をお伝えするように心がけているので

ぜひチャンネル登録&高評価をおねがいします!

ではまた次回の動画でお会いしましょう!

愛しき皆さんに幸がありますように。

グッドラック!

ばいばい、またお会いしましょう!

 

-戯れ言, 生活
-,

Copyright© 鉱平ねっと【戯れ言ステーション】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.