趣味

ファンクラブ会員なのにコンサートの席が遠い!というあなたの不満は正常な思考です!コンサートビジネスの展開について元美容院経営者がプロ野球興行と比較して語る。【全席指定同一価格という闇】

 

 

今回はコンサートチケットのお話をしたいと思う。

僕のブログでは、普段は節約と損をしない話に焦点を当てているので娯楽の話をほとんどしていない。

でも、コンサートは娯楽であり趣味の領域だ。

僕は、コンサートとかイベントとか興行を観たり楽しむ行為が大好き。

好きなミュージシャンのコンサートとかスポーツ観戦なら時に何万円もお金をかけたりする。

今回は、そのコンサートチケットを巡るお話をしていこう。

タイトルにもあるように、「コンサートの席が遠い!」って不満の声を解消する内容である。

僕も近々、人気声優の水瀬いのりちゃんの横浜アリーナ公演を観に行く予定なんだけど、ファンクラブで購入したチケットが会場でもステージから極端に離れている、ほぼ一番遠い座席に当選した。

マジでショックを受けて寝込むかと思った。

いのりんのコンサートは初めて行くんだけど、肉眼で表情を観れないくらいに遠い席。

プロのバンドメンバーの演奏も近くで見たかったから残念で仕方がない。

いのりんの場合は、コンサート演出で会場をぐるっと一周する演出もあるけど、本音は近くで見たい!!って思う

当選できなかった人の気持ちやファンなら「会場で雰囲気を共有出来るだけで幸せだろ!」って意見もあるんだけど、何かが納得いかない。

しかも遠征して行く場合は宿泊費とか交通費が別にかかるから出費は更に大きい。

むしろ都内から日帰り電車で片道1時間かからない横浜公演に行ける僕は幸せな方かもしれない(笑)

というわけで、こんな感じでコンサートの座席が遠くてショックを受けた!!って身に覚えがある方は発散のためにも確認してもらえたらと思う。

 

コンサートの席が遠い!

 

苦労して抽選の末に購入したチケットが、届いて座席を確認してみたらステージから離れていてショックを受けたって話がメイン。

ずっと楽しみにしてて当たるか分からないけど、一般販売で何とか買えたチケット。

ファンクラブに入って課金して購入したチケットなら、良席を期待した分だけ座席がステージから離れているとショックを受ける。

そんな経験をした人は、一定数いるんじゃないだろうか。

僕もそんな1人。

何度かコンサートに参加したけど、僕の場合はステージが近い席よりも遠く離れた席がと当選した回数の方が圧倒的に多い。

むしろ近い席が1度、あとは極端に遠い席で中間くらいの座席が当選したことは無い。

あと、アリーナ席と言われる立見席に当選したことも一度もない。

ぜひアリーナの前列で、コンサートを見てみたいもの。

僕の運が悪いのか、これから良い席が当たりやすくなるのかは知らない。

 

一般とファンクラブ

 

多くのミュージシャンはファンクラブを運営していて、熱心なファンには有料会員として特別な対応をしている。

ファンクラブ会員だけの会報を発行したり、インターネットで会員限定のコンテンツを発信したり、会員だけのイベントを開催している。

ミュージシャンにとって、ファンクラブの有料会員は会費を支払い、イベントやグッズなどでさらにお金を使ってくれる有難い存在。

また大規模なコンサートもチケット販売で、ファンクラブ会員の先行販売等を行ってから一般販売をするケースもある。

全席指定で購入者が座席を選べないシステムの場合に限った話をすると、ファンクラブの先行販売は抽選方式ならば、ステージが近い席が当選しやすいとか言われている。

一般販売では、良い席は当たりにくいからファンクラブに入ったって人もたくさんいる。

 

結論→ファンクラブのチケットでも良い席が当たるとは限らない

 

ミュージシャンとか運営側次第になるけど、僕の少ない体験談で結論付けさせて貰う。

まずMr.Childrenに関しては一般販売だと良い席は当たりにくい。

経験上ファンクラブの方が、良い席が当選しやすいのではないかと思う。

でもミュージシャンのホームページ等には、ファンクラブ会員でも良い席が当選する保証はできないと記載されているパターンが多いので、あくまで僕の運要素な体験に過ぎない。

 

僕のコンサート参戦歴

 

僕が、ミュージシャンのコンサートを観に行ったものは、小さいものから大きいものまで様々。

基本的にリリースされた、ほとんどの楽曲を聞き込むくらい好きなミュージシャンのコンサートだけ行く。

無料から有料まで記憶にある中でのお話をしたいと思う。

 

初めてコンサートに参加したのは2004年くらいだったと思う。

当時は高校生で、ガラケーでチケットを申し込んで参加した。

TRICERATOPSのコンサートが初めて群馬県で公演が行われた時だったと思う。

高崎のライブハウスだったけど、彼らも気に入ったのか、以降では群馬県公演をよく行うようになった気がする。

その後は、上京してから念願だったMr.Childrenのコンサートを何度か観に行った。

そんなにたくさんは行ってないけど、今回はミスチル以外のコンサートとしては久しぶりの参戦。

水瀬いのりちゃんのステージを見てくる。

 

ファンクラブは関係ない?

 

今回、水瀬いのりちゃんのコンサートチケットは横浜アリーナ公演が全席指定での販売。

僕は残念ながら、いのりんからは離れた座席になった。

ファンクラブにも加入して最初のコンサート。

もっと近くなら距離感を感じて全力で楽しめたのかもしれない。

でもファンクラブに入って初めての会員に超離れた席を用意すると「ファン離れにも繋がるんじゃないか」と率直な意見として思ったのも本音。

ファンクラブなら多少は、販売する座席の位置には配慮してほしいもの。

ただ他のミュージシャンのコンサートでも、ファンクラブ会員の人がステージから遠い席だったって話はよく聞く。

米粒程度にしか見えないのはザラで、近くだったらラッキーと考えないといけないかもしれない。

嵐はファンクラブに入らないとチケットが買えないからファンクラブ加入は必須と聞いたし、ジャニーズ系のチケットはいのりんの比ではないくらい遠くてもチケット買えたらラッキーレベルかもしれない。

いのりんだって声優で、1万人規模のデカい会場でコンサートできるのは超凄い部類。

嵐は規格外。

外で音漏れを聞いているファンの女の子もたくさんいるからびっくりした。

昔、旧国立競技場の嵐のコンサートと神宮球場でのプロ野球が重なったときも、周辺の広場に女の子がうじゃうじゃいてびっくりした。

僕も、ヤクルトの試合を見ながらコンサートの音漏れを楽しませてもらったのを覚えている。

 

会場に行けるだけで幸せ?

 

席が遠いと行く気がなくなるとか、払い戻ししたくなるって話も聞く。

今回の僕も気持ちとしてはよくわかる。

そういう話をすると、よく「会場に行けるだけでも幸せ」「ファンならありえない考え」って言われる。

でも僕から言わせてもらえば、ファンだからこそ近くで見たいし、ファンクラブに入って課金するし、チケットのほかにグッズだって買う。

だからこそ遠い席ではショックを受ける。

コンサートを観に行く人は、会場での一体感とか盛り上がりを楽しみたい部分もある。

アーティストとの距離感や運命みたいなものも感じている。

だから遠かったときは、出会いや繋がりとか絆みたいな身近に感じる要素が嘘っぱちだったかのようにすら感じてしまう。

ある意味で、熱いファンこそショックは大きいと思う。

興味ないアーティストのコンサートこそ席が遠くても何も感じない。

だから外れた人の気持ちとかがーとか、会場に行けるだけでも幸せって発言は余計なお世話としか思えない。

むしろ全席指定でステージ最前列の良く見える席も、会場最後列の米粒にしか見えない席も同じ価格で抽選販売されている。

結局、そういう発言する人間だって座席を最前列と最後列が選べるなら最前列を選ぶに決まっている。

ハッキリ言って、きれいごとなのだ。

誰だって良い席でみたいに決まっている。

僕は、そういう本音トークが出来る方が好感が持てると思う。

 

転売対策

 

とはいえ現代では、転売対策のために厳しいルールになっている。

転売チケットで、ステージが近い席を購入するのも現実的ではなくなった。

入場には身分証が必要になって、今後はワクチンの接種証明が必要な時代になるかもしれない。

転売はアーティストにとっても害である。

転売で上乗せされたお金を転売ヤーに取られるよりも、アーティストのグッズを購入したり公演に何度も足を運んでもらう方が有難いのだ。

だから転売チケットは買ってはいけないし、転売もしてはいけない。アーティストが推奨している方法での払い戻しや、チケットを正規価格で譲ることができるサービスを活用しよう。

ある意味では運だけど、平等にチケットを入手しやすくなったと思う。

 

僕のコンサート座席

 

過去の僕が観に行ったコンサートは、高崎公演のトライセラトップスがライブハウスだったため、押しつぶされるほど後ろの観客が前に押してくるからめちゃくちゃ近くで見ることができた。

周囲は、女の子ばかりで戸惑ったけど(笑)

他にも無料で見ることができたイベントでは、さだまさしさん、秋川雅史さん、松崎しげるさん、いきものがかり、声優のMachicoさんのステージをめちゃくちゃ近くでみることができた。

特にいきものがかりは、今では考えられないくらい近くで見れた。横浜スタジアムの芝生(アリーナ?)で立ち見だった。

ちなみに今度行く、いのりんのコンサートの座席は二階席西エリアの最後列。

めっちゃ遠い。

また2018年のミスチルコンサート「重力と呼吸」ではステージから超近かった。メンバーの表情も髪の毛の束も見えるくらい近かった。

この近かった感動が忘れられない・・・。

いのりんのコンサート行ったら、見えるイメージは遠くて小柄ないのりんは米粒になるだろうと察する。

一方で、ミスチルのときは近かったときの感動や興奮が忘れられなくなる(笑)

できたら、いつか正面の前列でコンサートを観たい!

 

全席同じ金額で指定席の抽選がベストなのか?

コンサートチケットの金額が、全席同じで販売される全席指定。

中には、座席をブロックごとに見やすい席から高い価格設定をした販売方式もある。

プロ野球が、わかりやすいだろうか。

バックネット裏の選手が、近くで見える席が高くて外野席が安い。

僕は、外野席も楽しく見れるから好き。

でもコンサートでは、そう思えないのはなぜだろうか。

それは価格の問題と楽しめる要素が、どれくらいあるかでもあると思う。

コンサートの全席同一価格の指定席抽選だと不満が生まれる。

つまり最前列と最後列が同価格が納得いかないって意見だ。

これが価格差があれば、安く楽しみたい人も納得して楽しめる。

同じ金額を払っているから、ショックが大きいともいえるのだろう。

またコンサートの場合は、ステージから離れるメリットがほぼ無い。

強いて言えば、全体を見渡せる程度だろうか。

音は、どこからでも聞こえるようになっているし、あえて遠くでみるメリットが無い。

でもプロ野球は違う。

外野には、外野なりの楽しみもある。

応援したい人は、外野席の方が楽しめるしゆっくり見たい人は内野席の方が楽しめる。

またホームランボールが飛んでくる可能性は外野席にしかない。

ボールが飛んでくる興奮は外野席でしか楽しめない。

また外野席では外野を守る選手を近くで見ることができる。

松井秀喜選手やイチロー選手を近くで見るには外野の方が適していた。

今なら、柳田選手とか吉田正選手も外野の方が見える。

運が良ければ、外野席の方が選手からサインが貰いやすい球場もある。

つまり価格の差があって納得がしやすく、遠くても近くても楽しめるメリットがそれぞれにある。

こうした楽しみ方が、プロ野球にはあるから人気コンテンツとして成長したのかもしれない。

 

イベント業界は今後のためにも見直すべき?

 

自由に使えるお金が少ない学生でもステージが近いチケットを入手できるチャンスがある。

そういう意味では、全席指定はありだろう。

でも利益重視のビジネスをしようと思ったら、イベントも金をたくさん出せる人間を優遇した方が運営にはメリットがある。

プロ野球では各球団がお金を払う人を優遇するシステムに変えつつある。

チケットも曜日によって座席価格を変動させて、VIP待遇をする観戦ツアーとか座席を用意して試合を組んだりしている。

プロ野球も様々な業界とコラボして観客を増やしたり楽しませたりしている。

こうして球団はスポンサーをたくさん作って収益を上げて、スポンサー側もプロ野球の観客が増えた方が宣伝効果も大きくなって利益に繋がりやすくなる。

かつては水瀬いのりちゃんも西武ライオンズとのアニメタイアップコラボで始球式をしたりしている。

結果的に、双方が得をする構造になるってわけだ。

こうしてプロ野球は、金を出す観客を増やして収益を増やす。

イベントビジネスは利益を上げようと思ったら、動員数を増やすか客単価を上げるしかない。

でも座席数とか会場の動員数が決まっているから、一定以上の利益を挙げることはできない。

だから席料を高くしたり、お客さん一人一人にイベントで使ってもらうお金を増やすことがビジネスとしては重要となる。

プロ野球楽天だと、一日一組限定で100万円以上するVIP席を販売しているとか。

プロ野球の場合はバックネット裏の良い席でも5000円くらいだから、高額な金を出す1組の客が200人分くらいの観戦料を支払っている。

こういう客をどれだけ増やせるかがイベント側には重要になってくる。

結果的に、プロ野球は選手の年俸も高騰して球界最高はマー君の年俸9億まで膨れ上がった。

グッズが売れて観客を呼べる特別な人気選手とはいえコロナ渦にも関わらず球界過去最高年俸だ。

親会社にもよるけど、こうしたイベントビジネスを上手くやって単価の高い客を増やしたことで選手にも給料という形で還元されていく。

これが理想ではある。

でもコンサートビジネスは、この辺が少し弱いように感じる。

同一価格の全席指定だと収益は頭打ちだ。

座席によって値段を変えた方が運営側は儲かる。

近くで見たい客は金を出してステージに近い席を買い、金をたくさん出せない客は後方で見守る。本来はこれがベストではある。

いのりんが、これをやると前方は金払いが良い熱狂的なオタクがぎっしりになるけど(笑)

利益至上主義にすると守銭奴と揶揄されてたり、ファン離れを心配するかもしれないけど、本当にコンサートを見たい客は金を出す。

むしろ金払いの悪いファンは、民度が下がるからほどほどの距離感を保った方が良い。

プロ野球もチケットが高くなってからの方が客が増えて、女性客も増えた。

グッズも飛ぶように売れているし、何より球場全体の民度が上がった。

ファンクラブも金額で、ランク分けされて金を出す人ほどチケットを手に入れやすくなった。

遠征が必要でも出費を気にせず楽しもうって割り切って見に来てくれる人が増えると思う。

プロ野球はこうした取り組みで結果的に選手に迷惑をかける乞食みたいな輩とか悪質な転売ヤーか排除された。

金を出せばチケットが手に入れられるから転売屋から買う必要が無いのだ。

こうしてイベントを健全化するためにも、ミュージシャンも販売方式や料金設定を見直した方が結果的に良いと思う。

本当に熱心なファンでコンサートを見たい学生も、ファン離れせずバイトしたりお年玉を貯金して高額なチケットを買うようになるはず。

ミスチルやいのりんも自身をもってビジネスイベントをしてほしいと思うきっかけになった。

 

まとめ

 

ファンクラブ席が遠くてショック受けた人は、その悲しみをぶつけることができなくてさみしいと思う。

それはもう仕方がない。

同一価格で遠い席だったら納得できない気持ちになると思うし痛手に感じるだろう。

遠征が必要な人は出費が大きい分遠い席のためにためらってしまうだろう。

そんな悲しい気持ちやストレスを発散するために何か趣味などを思いっきり楽しんでほしい。

きれいごとを言う他人の意見は聞かなくていい。

近くで見たかったという熱い気持ちや本音を大事にしてほしい。

むしろファンクラブに入っているのに近くで見れない気持ちを嘆いているあなたこそ真のファンである!次こそは近くで見る!運が回ってくると信じて次のイベント開催を待とう!

またイベント運営側には利益至上主義となって座席によって価格を変えるなどした方が健全化には繋がると思う。

コロナで観客を満員にできない時期だからこそ挑戦してほしいと思う。

プロ野球のビジネス展開は非常に上手だと思う。

近年だと福岡ソフトバンクホークスが非常に上手い。

しっかりと金を貰った方がファンは強固になってついてくる。

ぜひ、水瀬いのりちゃんの運営も検討してほしい。
本日の記事は以上となります。

 

このブログでは

 

・損をしない生き方

・仕事や生活で役に立つ情報発信

 

等をしています。

ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

YouTubeやっています。

・何度か見たことある

・おもしろいな

・参考になった

 

って思ってもらえましたら

 

・チャンネル登録

・高評価

・コメント

 

非常に喜びます。

ぜひお願いします。

 

・Twitter

日々、戯れ言を呟いてますのでフォローお願いします。

 

・ブログ

「鉱平ねっと」運営してます。

ブログでは動画の復習ができます。

ぜひブックマークお願いします。

 

というわけで、今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

 

迷える子羊ちゃんに幸あるように。。。

 

グッドラック!

スポンサーリンク



-趣味
-, ,

Copyright© 鉱平ねっと【戯れ言ステーション】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.