戯れ言

【新型コロナウイルス】ワクチン接種する?その前に読んでほしいおすすめの漫画作品を紹介。

 

コロナワクチン打ちたいの?まるで漫画の「〇〇〇〇」みたいじゃね?コロナ渦の今だからこそ読んでほしいマンガを紹介!

今回は僕がコロナワクチンに対して考えている事とコロナ渦だからこそ読んでほしいマンガについてのお話をしようと思う。

新型コロナへの対抗策としてワクチン接種がスタートしたことは多くの人が知っていると思う。

医療従事者や高齢者を優先的に早急に国民がワクチン接種できる方針で取り組んでいるようだ。

コロナワクチンが人類の救世主に慣れるのかどうかは置いておいてワクチンを打ちたいか?打ちたくないか?の賛否両論がわかれている。

ワクチンが人類にどんな貢献を果たすのかについても賛否両論あるんだけど話が広がりすぎるので、今回は打ちたいのか打ちたくないのかについて僕個人の見解をお話ししようと思う。

 

結論

 

僕はワクチンを打ちたいとは思わないし打つ予定もないけど、打つ必要が出てくるようなら接種した人々の様子を見て決める。

なぜそう思うのかをこれから解説していこう。

 

ワクチンは打つべきか?

 

僕自身はただの美容師なのでコロナワクチンについてとか医学や薬の知識が何もないただの素人だ。

つまり何も知らないからワクチンを打つべきかどうかについてはわからない。

それゆえに漠然とした恐怖感みたいなものがあるから打ちたいか打ちたくないかで考えたら打ちたくないって理由もある。

知らないからこそ恐怖があるといえよう。

逆に医学的知識があれば打ちたいと思うかもしれない。

現時点で打つべきかどうかは個人の自由となっている。

結局、強制じゃないから別に打たなくてもいいかなってのが本音。

巷ではワクチンハラスメントって言葉があるそうで親や周囲の人にワクチンを打つように強く勧めることをいうそうだ。

幼少期に受けた予防接種のように、本当に打つべき国民の義務となるならワクチン接種をすることを受け入れるけど日本政府が現段階でそれをしないのは、コロナに対しての危機感がそこまでないから。

実際に「コロナとかビビりすぎでしょ。どーでもいいわ。」って思っているはず。

表向きは「コロナ対策します」って言ってるけど実際の行動からはコロナはただの風邪認識と言えよう。

 

コロナワクチン

 

テレビ含む各種報道などでは日本はワクチン接種が遅いとかワクチンを海外へ相当数無償提供するなんて話も出ているようだ。

それゆえ早くワクチンが打ちたいと願う人が増えているように感じる。

日本人すら、まだ全員が接種を受けていない中で海外へ提供してしまうことで数が減ってしまうのは国民感情を不安にさせるだろう。

ある意味ではそれが狙いでもあるし、ワクチンを打たないといけないような報道をして打ちたい衝動を煽っているといえる。

報道各局と政府はズブズブの関係だ。

ゆえに、なぜそのような報道をするのかと言えば金や利権が絡むからといえよう。

まずワクチンを打ちたいと思わせる誘導が国ぐるみで行われていることが打ちたいと思わない理由の一つだ。

 

ワクチンビジネス

 

ワクチンビジネスはめちゃくちゃ儲かる。

日本の製薬会社も早く乗っかることができたら大儲け出来たんだけど法律上の問題で日本は早急に作り出すことができない。

治験をしてデータを取ったりと安全面を確認しなければいけないからだ。

逆に承認スピードが速い海外の製薬メーカーとかは相当儲かっていると思う。

とはいえ日本でも塩野義製薬や第一三共などの製薬会社がワクチン開発を進めているそうなので国産ワクチンビジネスで一旗上げようとしている。

完成したら株価は爆上がりするだろう。

また現時点では注射器など各種医療器具を製造するメーカーはコロナで大儲けしているのではないだろうかと思う。

医療や製薬に限らずワクチンなどコロナ関連で大儲けしている企業はたくさんある。

先日ブログや動画にも出したNTTコミュニケーションズもその一例だ。

早くワクチンを打ちたい衝動を煽ることでナビダイヤルに電話をかけさせまくってNTTコミュニケーションズが儲かる構図のお話をした。

オリンピックもそうだけど、コロナで多くの人が苦しみ困っている中でワクチンビジネスに便乗して超大儲けしている人たちもいるのだ。

僕はそれ自体が悪いとは思わない。

 

ワクチンはたぶん安全

 

ワクチンを接種した人が亡くなったなんてお話も出ている。

ワクチン接種後に48時間経過後に死亡すればワクチンと因果関係はないと判断もされるようなので1分でも過ぎたらカウントされないらしい。

カウントされていない人も含めれば相当数の人が亡くなっていると思う。

公表されている全ての数字が正しければのお話ではあるけど。

とはいえほとんどの人はワクチンを接種して死亡する事はないと思う。

それくらい確率は低いと言えるからだ。

たぶん日常の中で自動車の運転とか成人病とか不慮の事故で死亡するケースの方が圧倒的に多いだろう。

基本的にワクチンを接種しても問題ない人が多いと思うので基本的には安全と考えて良いと思う。

 

アメリカの医療は日本より優れている

 

アメリカはとにかく安全基準は優れている。

FDA(アメリカ食品医薬品局)と呼ばれる機関にて非常に厳しいルールの下で食品や薬品の管理承認が行われている。

日本で言うと厚生労働省にあたる機関なんだけど食品や薬品のルールなどは日本よりも厳しい。

トランス脂肪酸など日本ではOKでもアメリカでは違法になる添加物や食品もある。

また日本はサプリメントを食品という扱いにするけどアメリカでは食品とサプリメントは別の扱いになっていたりもする。

サプリメントにはサプリメントとしてのルールが別口にあるのだ。

アメリカに比べたら日本のルールはガバガバでもある。

新薬の開発に関しては承認スピードが遅い分、安全確認には時間をかけているのが日本ともいえる。

なので必ずしも日本の薬品とかルールがしっかりしていて安全であるとは決して言い切れない部分でもあるのだ。

もしすぐにワクチンを打ちたいならアメリカ製が個人的には良いなと思う。

 

健康な若者はワクチン打つ必要は無いと思う

 

若者に関しては新型コロナウイルスで死亡した人はほとんどいない。

30歳未満に関しては重度の糖尿病を患っていた力士含む2人のみで基礎疾患があったゆえの脂肪だ。

若者を死亡させるインフルエンザウイルスの方がよっぽど脅威と言える。

 

厚労省から引っ張ってきた画像

1月現在の情報だ。半年くらいたっているけど参考までに。

 

30代まで含めて死亡者数は12人であることを考えるとそこまでコロナ感染を脅威に考える必要は無いだろう。

基礎疾患を抱えている人の方が脂肪率が高いとのことなのである程度健康な若い世代に関していえば恐怖に感じる必要は無いといえる。

 

またコロナ感染して重症化する確率は一番高い70代でも4%程度。

重症化して死亡するケースはきわめて低いのだ。

30代までで重症者数は0人、40代でも17人と極めて低い。

コロナは若者にとっては脅威でもないし、高齢者もそこまで怯えるほど驚異の数字とは言い難いのが現実なんだ。

糖尿病とかガンで死亡する可能性の方よっぽど高いので健康を普段から意識する方が重要と言える。

 

今度はワクチン接種をして死亡した人の割合となる。

 

5月30日時点でワクチン接種の後に死亡した人が139名。

ワクチンが原因で死亡しましたって因果関係が証明できてないケースが全部となる。

今後解明されることだろうと思うけど、たぶん政府は因果関係を認めないと思う。

なぜなら大人の都合という言葉で察してほしい。

ちょっと見づらいんだけど40歳未満の死亡者は合計で7人。

100歳前後の高齢者については、いつ死亡してもおかしくないからワクチンが原因と限らないケースもあるためなんとも言えない。

20代に関しては2人となっている。

高齢者優先のワクチン接種をできた理由は不明だけど基礎疾患はなかったようなので、比較的健康な若者が死亡したケースと言えよう。

ワクチン接種は若者の優先度が低いために、若者が打ち始めたら今後はもっと数字を伸ばす可能性もある。

ワクチンをどれくらいの数の人が接種しているのかは不明なのでハッキリと断言は出来ないけど、個人手にはヤバい数字だと思っている。

全く名前を聞かなくなった子宮頸がんワクチン的なヤバさを感じている。

 

コロナ渦だからこそ読んでほしい漫画

 

僕が好きな漫画に「イキガミ」という作品がある。

もしコロナで暇な時間がある人はぜひ読んでほしい!

僕が人生の中でも凄く面白かったと思う作品の1つでとてもおすすめだ。

 

小学館のヤングサンデーで連載されていた作品で全10巻と読みやすい作品だ。

 

物語の舞台は日本に非常によく似た別の国家、日本と近い距離にある架空の国が舞台となる。国家が若者の自殺者対策などで国民に生命の価値を再認識させることを目的として制定された法律「国家繁栄維持法」を巡った物語だ。この法律によって1000人に1人の確率で国民に注入される特殊カプセル破裂して対象者の命を奪う。死の対象者は18歳から24歳の若者で、死亡した本人は尊厳死を遂げた英雄となり遺族は生活の保障をされる。そんな「死」の24時間前に対象者のもとへと届く死亡予告証こそが、通称“逝き紙(イキガミ)”と呼ばれる一枚のカード。武蔵川区の“イキガミ”を配達する職員の藤本賢吾を主人公にカプセルの接種者の把握も破裂する操作も国家が自由に出来る世界の物語だ。

 

この作品はマジで超面白いし、そして考えさせられる話でもある。

映画化もされたけど、ぜひ原作漫画で読んでほしい。

国民が幼少期に命を奪うカプセルが入ったワクチン接種を受ける義務があるんだけど、その制度に関して賛否両論がある。

でもこの国では国家繫栄維持法の反対者は厳罰を受けるし思想を持つことも表現することも禁止されている。

まるで戦時中の話みたいだ。

そんでもって死を告げられた人々の死を迎えるまでの行動や葛藤を描いている。

素直に死を受け入れる人、受け入れられず自暴自棄になって犯罪を犯す人(その場合は遺族も含めて非国民扱いを受ける。)、必死に最後まで何かできることは無いかとあがく人の人間模様が生々しくて引き込まれる。ワクチン接種の時に起きたトラブルで接種の順番が入れ替わり、カプセルを引き当ててしまった人の物語も衝撃だった。

ところが国家には「命を大事にしようね。」って表向きの理由とは別にとんでもない裏の目的があった。

ワクチン接種を推奨する国が企んでいた陰謀とは?

僕は国家の真の目的に本当に衝撃を受けた。

物凄い伏線回収が待っているしオススメ作品だ。

 

コロナが広がってワクチン接種を推奨する国家の思惑が何かあるんじゃないかと勘ぐってしまうほど変な影響を受けた作品でもある。

イキガミは1000分の1の確率で死に至るので0.1%とはいえ決して低い数字とは言えないかと思う。

今後ワクチン接種の死亡率が0.1%に近づくようならば現代版の「イキガミ」ともいえるわけだ。

コロナワクチンの死亡率と比べてどちらが恐ろしいのか。

これからに注目である。

 

まとめ

 

若者に関してはデータ上はコロナに感染しても死なない。

ただしワクチンに関しては健康な若者でも死亡する可能性がある。

個人的には「ワクチン打たない方が安全なんじゃね?」って思ってしまうけど確率上はワクチン接種しても問題ないパターンがほとんどだと思う。

なので自己判断になるけど、僕は海外の状況とか接種をした人の様子を見てから

安全面に納得できた段階で考えると良いと思う。

テレビを見るとワクチンを打たないと不安になる

報道がされているので。テレビを見る人ほど打ちたくなる傾向にあるんじゃないかと思う。

特に高齢者はそうじゃないかな。

イキガミを読んでゆっくりワクチン接種すべきか考えよう。

あまり情報を入れずにのほほんと暮らしていれば安全に暮らせるんじゃないかと僕は思っている。

打つか打たないか?あなた次第!

本日の記事は以上となります。

 

・何度か見たことある

・おもしろいな

・参考になった

って思ってもらえましたら

 

・チャンネル登録

・高評価

・コメント

 

非常に喜びます。

ぜひお願いします。

通知ボタンぽちも一緒にお願いします。

 

・Twitter

日々、戯れ言を呟いてますのでフォローお願いします。

 

・ブログ

「鉱平ねっと」運営してます。

ブログでは動画の復習ができます。

ぜひブックマークお願いします。

 

このブログでは仕事や生活で役に立つ情報発信をしています。

参考にも反面教師にもしてもらえたら嬉しいです。

今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

 

迷える子羊ちゃんに幸あるように。。。

 

グッドラック!

スポンサーリンク



-戯れ言
-, ,

Copyright© 戯れ言ステーション , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.