NHK 戯れ言

【ドンキのテレビは必要ない】NHKが怖くて仕方がない人に知ってほしいこと。

本日は、みんなが大好きなNHKのネタをやっていこうと思う。

最近では、ドンキのテレビが大ヒットして売り切れが続出しているそうだ。

その大きな理由は、NHKと受信契約の必要が無いからではと言われている。

ただしドンキのテレビは、実際にはテレビではなくて、ただのモニター。

地上波のテレビ放送が視聴できないからNHKを心配しなくてもOKな製品としてメディアでも大きく取り上げられた。

このドンキのテレビについては、僕のブログやYouTube動画でもネタにさせてもらった。

【続編】ドンキのテレビではNHKに勝てない理由の補足とまとめ。

 

製品が大人気故にドンキ側も追加で生産をしたなんて話を聞いている。

ただし、僕自身はドンキのテレビでは根本的にNHK問題を解決できないと思っている。

その理由についてもブログとYouTubeで解説をしたのだけど、イマイチ本質を理解してくれる人が少なかったので、今回はもっと焦点を絞ってお話をしようと思う。

ぜひNHKにお困りの方、NHKに受信料を支払いたくない人、すでに契約をしてしまっている人などに参考にしてもらえると有難い。

ちなみに僕は、NHKについての情報は「NHKをぶっ壊す!」で有名な立花孝志先生のご意見を参考にしている。

ただし先生のお考えと異なる、もしくは意図しない意見を述べている可能性もあるのでご容赦願う。

 

ドンキのテレビでは根本的にNHKに通用しない理由

 

まず、ドンキのテレビそのものを否定する意図はない。

「買うな」とかそういう話をするつもりもないから自由で良い。

あとドンキのテレビにNHKとの契約義務は無い。

これも間違いないと言える。

それを承知の上で「ドンキのテレビではNHKに勝てない」って動画を出したら、想像以上に多くの人に視聴して貰えたんだけど、批判の声もかなり多かった。

想定はしていたんだけど、YouTubeの低評価率が高くて、コメント欄にも本質を理解していない人のコメントが溢れてしまった。

サムネイルやタイトルで内容を判断されてしまったり、単純に僕の伝え方が悪かったなと思う部分もある。

まず僕が、ドンキのテレビでは根本的にNHKに通用しないと思う理由は、

「テレビが無い」状況であればNHKに見逃してもらえると思っている思考そのものが危険だと考えている。

結局、ドンキのテレビを買ってしまう理由は、「テレビが映らないからNHKとの受信契約を断れる」という単純思考で逃げようとしているからである。

いざ、NHK委託職員が自宅へ訪問してきた時に「テレビが無い」ことを理由に追い返せるなら問題ない。

でも、NHKの委託職員は悪質な方法で契約を迫ってくるし、平気で嘘を並べて契約を迫ってくる。

またNHKがその気になれば、一般人から金を毟り取ることは容易い。

理由なんて何でもいいのだ。

とにかく契約書にサインをさせれば、あとはどうにでもできる。

なので、テレビが無いことだけを理由に追い返すことが必ずしも出来ない可能性があるのだ。

これは僕も経験があるんだけど、放送法とか難しい言葉を並べて契約を迫られてしまうと、知識がない人間は不安になってしまう。

結果的に、思いもよらず契約をさせられてしまうことがあるので、注意して欲しい。

 

確実なのは「帰れ」と言うこと

 

本来は、NHKを追い返すには「帰れ」と言うだけで十分である。

「テレビが無い」とか余計なことを言う必要は無い。

どんな言葉を並べられても、相手にせず「帰れ」と連呼するだけでOKなのだ。

それでも帰らない場合は、警察を堂々と呼んでしまおう。

委託職員を不退去罪という犯罪に問うことができるので問題ない。

でも実際には、ここまで出来ない人が多いからNHKが大儲けしている現実がある。

 

ドンキのテレビを買っちゃう人はNHKが怖くて仕方がないのか?

 

今回、批判意見でも凄く感じたことは、NHKが怖くて仕方がない人が凄く多いのだなということ。

NHKから逃れるために、ドンキのテレビに期待する反面、僕の意見が面白くないわけだ。

ドンキのテレビでもNHKから逃げられないという僕の意見に噛みつくくらいなら、しっかりと法律を理解してNHKとどのように向き合うかを見直してほしい。

敵は僕じゃなくてNHKだ。

僕の意見が面白くないと感じる人は、どこかで僕がNHKの肩を持っているように感じるのかもしれない。

NHKが怖くて仕方ないなら、身を守る術をしっかりと身に着けるしかない。

物理的にNHKに金を払わないこと、知識として金を払わなくても問題ないと知ってほしいのだ。

 

大事なことは放送法をしっかり理解してNHKと付き合うこと

 

というわけで、NHKと契約をしていない人はムリに契約をする必要は無いから、訪問員には「帰ってもらう」ように促そう。

それでも帰ってくれない場合は、警察を呼ぶ。

一方で、すでに契約してしまっている人は放置でOKだ。

なので

NHKは、堂々と支払いを拒否して問題ない。

また民事時効の関係で、受信料は最大でも5年分の支払いで済む。

いざ法的措置で訴えられてしまっても、裁判所に行く必要が無い簡易裁判だから費用も数千円で済むし、弁護士を入れて受信料5年分を支払っても10万円程度でおしまいだ。

一生涯ずっと受信料を支払うより踏み倒してしまった方が安上がりだから、支払いを拒否してほしい。

いざとなれば、NHK党が裁判のサポートと費用の建て替えも行っている。

すでに何人も助けてもらっている人がいるので、10万円のお金を用意できない人でもNHK党を頼れば費用の心配もいらないのだ。

だから堂々と受信料の支払いを拒否してOKだし、そもそもドンキのテレビを買ってまでNHK対策をする必要が全然無いのだ。

NHKと法律の解釈とかは、僕の他の記事などでも紹介しているので参照してほしい。

NHKを敵に回してはいけない。テレビを持ってないという理由は通用しない。じゃあどうする?

 

 

新しい断り方

 

最近では「帰れ」意外にも、有効な断り文句が見つかった。

それは、新型コロナウイルスを利用すること。

もし自宅のインターホンが鳴ったときに、応答したらNHK訪問員だったなら。

対面での対応を強気に求めてくるだろう。

扉を開けると最後、強気に契約を迫ってくるのは確定だ。

そんな時には

「新型コロナウイルスに感染して自宅療養中だけど今出るね。もちろんマスク無しで。」

と伝えてみよう。

どんな反応をするのか楽しんでみたい人は、試してほしい。

もちろん最終的には「帰れ!」と、追い返せる自信がある場合だけにしてほしいけど(笑)

最近、僕が新型コロナウイルスに感染して自宅療養してから思いついた話だ。

でも、療養中に限って訪問員が来ないからつまらない(笑)

 

まとめ

 

ドンキのテレビは、根本的にNHKから逃れる有効な手段にはならない。

その気になれば、NHKはどんな環境下でも金を毟り取る術がある。

将来的には、ネット配信でも金をとる方向になるだろう。

放送法は、戦後に作られた法律だからインターネットの概念が無い。

だから、ネット環境を理由に契約を求めてはいけない法律も無いからグレーゾーン。

ワンセグ機能の有無も関係なくスマホやパソコンからも受信契約を求める条文だってNHKの規約には入っている。

NHKはその気になればどんな環境下でも金を毟り取る手段もあるし、古い法律のおかげでグレーゾーンな仕事ができるのだ。

あえて法改正をしなくても現状の法律で仕事をする方がNHKにとっては有利だから、将来的にインターネットの概念を法律に組み込むこともしないと思う。

というわけでNHKは、平気で嘘を並べて、知識が無い人に強気に迫って契約をさせるプロ集団だから甘く見てはいけない。

一般人はドンキのテレビを買って安心する思考よりも、いざ契約させられてしまった場合にどうするのかを考えておくことの方が重要だ。

テレビの設置の有無がどうのって話は正直どうでもいいのだ。

そのためには法律をしっかり理解して、合法的に受信料の支払いを拒否すること。

そんでもって、いざ法的措置によって訴えられてしまったときにはNHK党を頼ること。

こうした対策と知識があれば十分なのである。

ドンキのテレビを買っちゃうくらいNHKが怖くて仕方がない人は、NHK関連の情報で一喜一憂するよりも、堂々と支払いを拒否する知識を身につける方が重要ってわけだ。

普通にNHKを観なければ、テレビが設置してあっても受信料の支払いをしなければ全然問題ない話である。

というわけで、ぜひたのしいテレビライフを満喫してほしい。
本日の記事は以上となります。

 

このブログでは

 

・損をしない生き方

・仕事や生活で役に立つ情報発信

 

等をしています。

ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

YouTubeやっています。

・何度か見たことある

・おもしろいな

・参考になった

 

って思ってもらえましたら

 

・チャンネル登録

・高評価

・コメント

 

非常に喜びます。

ぜひお願いします。

 

・Twitter

日々、戯れ言を呟いてますのでフォローお願いします。

 

・ブログ

「鉱平ねっと」運営してます。

ブログでは動画の復習ができます。

ぜひブックマークお願いします。

 

というわけで、今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

 

迷える子羊ちゃんに幸あるように。。。

 

グッドラック!

 

 

スポンサーリンク



-NHK, 戯れ言
-, , ,

Copyright© 戯れ言ステーション , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.