戯れ言 生活

若者の死因第1位が自殺であることって実は全然問題ない。

いらっしゃいませ。

鉱平ねっとへようこそ。

 

今日は人間が生きる意味とはなんだろう?っていう

テーマでお話していこうと思う。

生きる意味って言葉を出すと宗教的だったり倫理的だったり

難しい話のように感じるかもしれないけど、ここでは凄くシンプルな話しかしない。僕の偏見と単純明快な思考でまとめた話だから頭を空っぽにして読んでくれたら嬉しい。

また昔の僕も生きる意味を探していたこともあったけど今は僕なりの答えが見つかった。

今生きることに苦しんでいる人や、死にたいと思っている人。その家族に記事をぜひ参考にしてほしい。

 

鉱平

 

元美容院経営者で現役フリー美容師。

起業廃業×仕事の経験談×美容師ネタ×家事育児×都会暮らし×節約×生活改善×ガジェット×他際どい話や人生に役立つ知識をブログやYouTubeや音声メディアで情報発信中!

特に既婚者、接客業サービス業で働く人、起業や自営業に興味がある人向けです。

日々戯れ言を呟いてます。

 

・1987年生まれ

・18歳 高校卒業

・20歳 美容師免許取得

・26歳 管理美容師取得

・28歳 独立して美容院オーナー

・31歳 店を手放す

・33歳 フリー美容師 

 

好きなことをして楽しく生きていくのが目標。

 

自殺者数が増加

 

今年は新型コロナウイルス流行で世の中の動きが大きく変化した年だった。日常生活が不安定になってストレスが溜まった人も多いと思う。また仕事や学校への影響も大きく、収入が減る一方で支出は減らず苦労した人も多いと思う。さらには今まで考えたこともない現実に直面し、将来への不安を抱えたり、これからの生き方を改めて考え直した人も同じくらいたくさんいるだろう。その影響も少なからずあったのか、最近は学生や30歳くらいまでの若い人の自殺者が非常に多いらしく、昨年の比で見ても若者の自殺者は4割ほど増加しているらしい。

最近でも他人を巻き込んだ自殺や芸能人の自殺報道が記憶に新しい。

僕と同年代やもっと若い人が自ら命を経ってしまうのは本当に悲しいと思う。

 

・なぜ若者が自殺するのか

 

これらの原因は断定できないけど、新聞などの報道で日本人の収入の伸び悩み・少子高齢化・税金や社会保険料の爆上げ・年金問題など将来への不安で若者が希望を持てなかったり生きがいや人生を生きる意味が見いだせないことが原因ではないかと言われたりもしている。

確かに収入は伸びないし自分の生活でいっぱいいっぱいになってしまう気持ちは経験上とても理解できる。

今でこそなんとか美容師として最低限稼げるようになって家族と暮らせるようになった。だけど20代前半は駆け出し美容師で技術がないから仕事がほとんどできなかったし、ブラック企業のパワハラにも遭い低賃金で希望が見えずに沈んだ気持ちで働いていた。仕事を辞めた直後は自信を無くし。部屋で山積みになった社会保険料の請求書に埋もれて死にたい気持ちになったこともある。

 

・ただし若者の自殺が死因の1位なのは決して悪いことではない

 

一方で自殺は若者の死因で1位であることがよく報道される。

また先進国の中でワーストの不名誉な記録であると同時に伝えられたりもする。それに対して多くの人は同感だと思っているようだけど僕は違う。なぜかというと逆に考えれば日本は自殺以外で若者が死亡しにくい国ともいえるからだ。本来、死因は自殺以外なら病気・事故・殺人・老衰などだ。国によっては伝染性の病気、飢餓、エイズ、狂犬病で若者が亡くなることもある。また一時的には天災による災害、戦争などの紛争によって多くの人が死亡するケースもあるけど、この場合は若者に限らず多くの人が命を落とす。なので自殺以外の死因が1位になってしまうのは非常に怖いと僕は思う。もちろん自殺者は0であるのが理想だけど、殺人や病気が1位にならないのは日本の治安が安定していて安全であること、医療が優れていて公衆衛生の水準が高いことの証拠でもある。また日本で栄養失調になったり飲料水が手に入らないってことも食料難で死亡することもほぼない。つまり国も国民を見捨てないってことだ。

日本国憲法には文化的でかつ最低限度の生活を営む権利を補償してくれているから、誰でも屋根の下で安全に生活ができるようになっている点は非常に優れた国なのだ。だから若者の死因1位が自殺であることは決して悪いことではない。

 

・死んでも良いけど他の人に迷惑をかけないで

 

僕はとりあえず死にたいと思っている人を止めようとは思わない。

だけど自分の命も他人の命も等しく同じ大事な命だ。

それを奪うのは誰であっても許されないことだし、自殺も殺人と等しい行為だから最低の行為だと僕は思っている。

ただし死ぬ選択肢で周囲の人に迷惑をかけるのはやめよう。悲しむ人もいるし後始末をする人が大変になる。

少なくとも僕は他人の死で巻き添えを食らうのはごめんだ。自爆テロとかのことである。他人を巻き込むことは殺人なので絶対にやめてほしい。

 

死にたい人におすすめすること

 

世の中には献血や骨髄バンクのドナーになるとか治験で未承認の薬品の人体サンプルになるとか面白い取り組みがたくさんある。

社会貢献で助けを待っている人の役に立てるし、上手くいけば自分がコロッと死ねるかもしれない。なかなか死ぬ勇気が持てない人、自殺がうまくいかない人はこうした取り組みを積極的に行ってみると良いかもしれない。苦しまずに逝ける可能性もある。無駄に死を選ぶなら今もなお地雷が埋まった国で、前向きに生きる誰かが地雷を踏まずに済むようにボランティアで地雷撤去の作業でもしながら死んでくれた方が世のためにもなる。

 

・人間が生きる意味を考える人

 

それでも多くの人は生きる意味を考えているように思う。

なぜなら学校教育でも将来の夢や目標設定を指導するし、進学や就職で自分ができることや特技、自己アピールを求められるから自然と自分の存在価値を考えさせられるように先入観を持たされてしまうからだと僕は思っている。

つまり人間は幼い頃から何かをしなくてはいけない存在だと勝手に思い込まされているように思う。

根本的に日本国憲法で国民の義務として・普通教育を受ける受けさせる・納税・勤労ってあるけど、その勤労をさせるために文部科学省が洗脳行為の一環として生きる意味を持たせようとしているって僕は考えている。

だから考えるだけ政府の思うつぼにハマってしまう。

 

・人間が生きる意味など存在しない

 

でも実際に生きる意味はあるのか?って考えると僕は全然ないと思う。

特に仕事で活躍したい、有名人になりたい、人類の歴史に名前を残したいって考え方は自分が存在した証を皆に認めてほしいっていう証人欲求みたいなものだろうと僕は思っている。そういう活動が楽しくて仕方ない人は良いけど、誰もが死んだら意識はなくなり肉体は土へ還り生まれる前の状態へと戻る。死後の世界には地位も名誉も財産も持っていくことはできないのだ。ちなみに僕は死後の世界とか、前世とか魂とかそういう不確かな要素は不明だから自分の目で見てもいないものは信じない主義。否定はしないけど肯定もしない。

 

・人生は長い暇つぶし

 

とはいえ、そんな考えを僕は否定しないけど、無理に求めるものでもないと思っている。やりたいことがあるなら自由にやれば良いんじゃないかなって程度だ。だから何もしたくない人は無理に生きる意味を探さずにマイペースで生きれば良いと思う。どうせ国が生活を保証してくれるから。人生は長い暇つぶし。誰に指示されるものでもなく自分で決めて好きなように生きればいいと思う。食べたいものを食べて寝て映画を見たりゲームをしてダラダラ生きるも良いと思う。だって意味なんてないから。

死ぬまで長い時間つぶしと思って割り切って生きてみたら気持ちは楽になるんじゃないかと思っている。

 

人間の生きる意味は子孫を残すこと

 

僕が行き着いた究極の答えだ。

人間が生きる意味とは生物学上の考えで言うなら子孫を残すこと以外はない。人間に限らず全ての生物が生殖を目的に一生懸命生きている。だから子供を作らなければ生き物として生きる意味はない。もちろん独身主義者や不妊で悩む人を馬鹿にするつもりも否定する意図もないから勘違いしないでほしい。

20年くらい前の話で僕が中学生の頃なんだけど、学校内で男女交際について意味不明なアンケートが行われた。その中の一部で「学生が男女交際をしたいと思う理由は何ですか?またその必要はあると思いますか?」を問う設問があった。多くの生徒は学生が交際をする意味はないって回答してたと思うし、同様に学校側も不純異性交遊をさせたくないって意図でアンケートを実施したんだろう。だけど友人の回答が秀逸で印象的だったのを覚えている。

男女交際をする理由について友人の回答は

「子孫を残したいと思う本能」と回答していた。

僕は本当にその通りだと思ったし、当たり前すぎる答えに衝撃を受けた。

 

以来、僕の中で人間が生きる意味とは子孫を残したいと思う欲求のためだけに存在すると思っている。

それ以外の意味は生物として存在しない。

 

まとめ

 

結局はやりたいことをやるべし

 

でもせっかく人間として生まれたなら、子孫を残す意外にも多くの可能性、やれることがある。

特に日本人に生まれたことによって、自由に考え自由に行動する権利があるんだ。日本は非常に恵まれた国だ。貧富の差はあれど屋根の下で健康的で文化的な生活が補償されている。だから子供を作らなくても楽しく充実した生活をすることはできるわけだ。

考え方は人それぞれだから自由で良いし誰かに合わせる必要もない。

また誰かに生き方やその意味を、考えを押し付けるようなことでもないと思う。

もし親の立場なら子供に親の価値観だったり希望を押し付けていないかもう一度考え直してほしいし、生きる意味にもがき苦しんでいる本人は自分で狭い思考の世界に閉じこもっていないかをもう一度考えてみてほしい。

本来はどんな生き方だって認められている国が日本なんだから難しく考える必要もない。

とにかく楽しく自分が様々なことに自由に挑戦する権利があることを忘れないでほしい。

本来、生物として生きる意味は子孫を残すことしかない。

でもそれを達成できてもできなくても良いと僕は思う。

結局は繁殖をするのも生きることが前提だ。

そういう意味では「生きることの意味」とは「生きること」とも言えるし「死なないこと」ともいえる。

せっかく親からもらった命だ!

誰のものでもない自分自身のものだ!

自由にかつ全力で生きよう!

 

あとがき

 

本日の記事は以上となります。

僕の記事や動画を参考にも反面教師にもしていただけたら幸いです。

日々、戯れ言を呟いてますのでフォローお願いします。

ブログでは動画の復習ができます。

ぜひブックマークお願いします。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

-戯れ言, 生活

Copyright© 鉱平ねっと【戯れ言ステーション】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.