戯れ言

未来を変えるために明日から取り組める他人と違う行動5選について元美容院経営者が戯れ言を語る。

 

他人と違う行動で未来は変わるのか?僕が心がけている行動5選について戯れ言を語る。

本日は普段僕が心がけている行動について語っていこうと思う。

僕は元美容院経営者で現役のフリーター美容師である。

特に偉そうな事を言うつもりは無いけど、今まであらゆることに挑戦してきた。

田舎から東京へ上京して、美容師のアシスタントとして社会人生活をスタートさせてもうすぐ20年になろうとしている。

とはいえ昔の僕はお金も無くて(今もそんなにあるわけじゃないwww)、無計画でマイナス思考で自分の意見を言うこともできない臆病者だった。

本日は、そんな自分を変えたいと思って取り組んできたことについて語っていこうと思う。

失敗したこともたくさんあるけど、これから楽しく生きていくために、僕が再確認する意味でも記事を執筆している。

暇で趣味が無いとか、人生が窮屈に感じるとか、お金を稼ぎたいとか、何か挑戦してみたいって思う人は参考にしてほしい。

僕と同じように接客業従事者の人や子育てをしている人にも確認してもらえると嬉しい。

 

結論→一番大事なことは「すぐに行動すること」

 

今回、僕が一番言いたい事は「すぐに行動すること」である。

結局これに尽きる。

これから挙げていく内容よりも、スピード感ある行動をすることの方がずっと大事だ。

すぐに行動することが出来ない人は最初の第一歩を踏み出せないのと同じ。

何かを変えたいなら、変えるための行動をしなくてはいけない。

「行動をする」ことが非常に難しくて、多くの人は自分の理想を叶えることができない。

だから他人と違う行動をするということは「すぐに行動する」事であるといえる。

 

大多数と違う行動をすることで他人と違った人生を手に入れる

 

僕が大多数と違う行動をすることを意識するようになったのは美容師になって6年目くらいの時だろうか。

技術がある程度身について独立開業を視野に入れ始めた頃である。

余裕のある生活を送るために、お金がもっと欲しいと常に思っていた。

でも雇われ美容師として働いていると収入にも限界があるし、働き方としても会社のルールに縛られて自由な働き方が出来ないから、僕が社長になりたいと思うようにもなった。

多くの人は限られたお金の中でしか、欲しいものを手に入れたり、夢をかなえることができない。

基本的にはお金があるに越したことは無いから、お金を稼げるようになることが夢を叶えるステップだと思った。

世の中の9割以上は会社に所属しているわけで、いわゆる給料をもらって生活をする雇われ人だ。

本来はお金を自由に扱えて、自分の時間を管理できるのは経営者と呼ばれる人間になる必要がある。

つまり自分でお金を稼ぎだす仕組みを作っている人のことである。

その立場になるためにはリスクを取ってでも他人と違うことをしなくてはいけない。

なぜなら社長というポジションに立つためには、9割以上の大多数の人と同じ行動を続けていると一生涯雇われたままの人生になるからだ。

だから他人と違う人生を歩むためには他人と大きく違う行動をしていく必要があるってわけである。

そこからチャンスもあって、結果的に僕も独立開業することができたわけである。

念願の社長職に就いた。

だけどお金を稼ぐほどに仕事は忙しくなって、責任感も増して精神状態は疲労困憊。

自分の自由に使える時間は少なくなり、やりたいことが何もできない体験もした。

だから豊かになるということは「金銭的にも時間的にも余裕がある状態」であると学んだ。

最終的には店を手放すことになったけど、どうすれば豊かな人生を送れるのかも知るきっかけになって良い体験ができたと思う。

お店の経営を通して得た知識、お金を増やす方法、人脈などもある。

様々な経験をして、これから生きる上で自分の糧になったと思う。

どれくらいお金があれば幸せなのか、どれくらい自由な時間があるのが幸せなのかは人それぞれ。

僕は大金が無くても最低限の生活費と自由な時間がたくさんあれば幸せだと思えるようになった。

ここからは、僕の経験を踏まえて、明日からでも取り組める他人と違う行動を挙げてみた。

ぜひ参考にしてほしい。

 

1.読書

 

まず最初は読書習慣を身につけることである。

よくお金持ちの話で読書が大事というフレーズを耳にタコができるくらい聞いたことがある人は多いと思う。

僕も学生時代から先生に読書が大事と言われ、授業の中でも読書時間が設けられていた。

でも以前の僕は読書をする意味が見い出せなかったから、僕個人的にも読書そのものが凄く大事であるとは思わなかった。

メンタリストDAIGOさんの意見に触れて、なぜ読書をすることが重要なのかという答えがわかった。

それは読書をすることそのものが他人と違う行動をすることになるからである。

この意見に凄く納得ができた。

また世の中は大体のことはお金を払えば叶えることができるけど、読書で知識を得る体験はお金を払っても出来ないからであるとも言っていた。

なるほど、お金持ちの人が口を揃えて読書の素晴らしさを勧めているのは、お金で得ることができない体験だからというわけだ。

実は本を読む習慣がある人は限りなく少なくて、現代人の大部分が読書をしない傾向にある。

日本人の読書量は年間平均で12冊程度であり、1か月で1冊も本を読まない人も半数以上いると言われている。

平均という数字の特性上、大多数の読書量は見えてこないわけで。

極端な話、たくさん本を読む人と全然読まない人で2分化されているともいえる。

原因は単純に読書への興味の有無もあるけど、現代人の忙しさから本を読む時間がないこと、スマホの普及でスマホに時間が取られている可能性もある。

僕としては読書そのものが大事というよりは、読む目的とか内容の方が重要なんじゃないかと思う。

知識を頭の中に入れたりとか、読書をすることで集中力を身に着けたりすることが大事なんだろう。

最近では本の要約サイトとか動画が視聴できるようになったから、情報収集のために本を読む必要は無いのでは?という意見もある。

確かにインターネットの普及で、欲しい情報には簡単にアクセスできるようになった。

だから欲しい情報が手に入るかわからない本に時間をかけて読むという行動が無意味なんじゃないかと言う意見も納得できる。

でもつまらないと思う本をムリして読むのは苦痛だし、頭にも入ってこない。

だから好きなジャンルの本を読む習慣を作るのがベストだと思う。

僕は様々なジャンルの本を読んで推理小説や物語が好きだとわかった。

だけど今の僕は、漫画ばかり読んでいた昔に比べたら、本を読む習慣が増えたと思う。

それは自分の意識が変わったこと、自分が面白いと思える分野とか興味の対象が広がったことがきっかけだと思う。

本以外にもゲームや漫画という楽しい娯楽がたくさんある知識の少ない子供よりも、たくさんの娯楽に触れてきた大人になってからの方が活字を追いかけるのが楽しいと思うようになった。

きっと時間が有り余っている子供よりも、大人になってからの方が勉強に集中できる時間を貴重に感じられるのだろう。

僕も大人になってからの方が勉強意欲が高まっていると思う。

 

2.ダイエット

 

続いて他人と違う行動をする体験としておすすめなのはダイエットである。

これは食事管理とか運動をする習慣でも良いのだけど、つまり健康を意識する習慣が大事であるということだ。

お金持ちも健康意識は高いし、自己投資をしている人も多数いる。

日本人は圧倒的に運動不足であり、年齢を重ねるごとに肥満になりやすい。

それは食事習慣やら様々な要因が元になるけど、出来ることならカッコイイ見た目を維持しながら歳を重ねるのが望ましい。

特に年齢を重ねると成人病やらガンのリスクとも戦わなくてはいけない。

がんに関しては2人に1人が掛かると言われている。

その病気の原因として糖質の過剰摂取が要因じゃないかという意見もあり、糖質の摂取量が多くなるほど肥満になりやすく様々な病気にかかりやすくなると言われている。

特にお金が無い人は食事代をケチって、安くてお腹が満たせる炭水化物が多い糖質中心の食品を主食にしてしまいがち。

というわけで現代人は貧しい人ほど肥満になりやすいといえる。

お金持ちの人たちほど健康を意識して、糖質が少ない野菜とか肉や魚をたくさん摂取している。

その分、食費も炭水化物中心より高くなってしまうけど、かっこいい体型を維持するために我慢をしたり運動を頑張っているのだ。

だから体型維持をしようと思ったら普段の食事管理から見直さなくてはいけない。

多くの人が当たり前に食べている食事をしていたらカッコイイ体型になることはできない。

実はダイエットに取り組んだりとか、運動習慣を身につけることはお金持ちの真似をすることであり、他人と違う行動をすることにつながるのだ。

僕自身も科学的な見解を目にした結果、糖質の過剰摂取は危険だと思って糖質制限に取り組んでいる。

一番のピーク時には体重が100キロ近くあったけど、現在では70キロ台前半まで体重を落とすことができた。

このまま中学時代以来の60キロ台を目指そうと思って取り組んでいる。

 

3.都心に住む

 

僕は東京都内に暮らして、首都圏で仕事をしている。

自営業だった時は近所で仕事をしていたから通勤時間も短くて快適だった。

現在は電車通勤をしたりもするけど、なるべく自分の時間を確保するために通勤は最低限になるようにしている。(60分以内)

通勤の時間も積み重なれば大きな時間の損失になるから、通勤時間は短いに越したことは無い。

僕の場合は、ある程度は便利な場所で暮らしているから、どこへでもアクセス良好。

その分、家賃は高めになるけど、時間の確保や肉体の疲労を最低限に抑えられるから様々なことに挑戦出来ている。

通勤時間が長くなると、副業をする時間もなくなるし肉体的な疲労でストレスもMAXになって何も手が付かなくなるだろう。

だけど多くの人は、僕よりも長時間通勤をしている。

首都圏に通勤している人の多くは、少しでも安くて広い家に住むために郊外の街で暮らしている。

結果的に同じことを考えた人が大量に同じ時間に同じ電車に乗り込むから、満員電車が無くならない。

そんなんじゃ仕事でもパフォーマンスが発揮できないし、時間を無駄にして常にクタクタになってしまう。

人生を楽しむことだって出来なくなる。

僕の場合は都心から郊外方面へ仕事に行くことが多いから、満員電車で疲弊することは全然ない。

むしろガラガラの電車で読書したり、スマホをいじりながら快適に通勤する事ができる。

また都心から離れた家賃が安いエリアに行くと、都市ガスが通っていなかったり、自動車が必要だったり、子供の保育園入園が争奪戦になって大変だったりする。

結果的に割高なプロパンガスを利用する羽目になったり、自家用車を購入して余計な維持費を支払ったり、保育園に預けることができずに認可外の高価な保育所や幼稚園に通わせることになるケースもある。

また僕の経験上は家賃が安いエリアに暮らすと、周囲の人間も民度が低い人が多くなる傾向にあって、治安も悪くなる場合がある。

今の僕は都市部で暮らすことで自家用車を所有することもなく、保育園も待機児童ゼロで気に入った保育園に子供を預けることができた。

部屋もミニマリストになって余計な物を増やさなければ、多少狭い空間でも快適に家族で暮らすことができる。

広い部屋に暮らしても、その分だけ物を増やして生活空間を狭くする人もいる。

実際に生活コストは高めの家賃を支払っている程度の話であって、安い都市ガスも利用できるから、それ以外の大きな出費が少ない。

結果的に家賃が安くても、自家用車などの経費を支払うことで、総額では都市部で暮らす以上の出費をしているケースもある。

また高額な家賃を支払ってでも都会で暮らしている人は、社会的な地位が高くて裕福な人が多い。

つまり都市部の方が、他人と違う行動をした人(している人)が多く暮らしていると言える。

そういう意味では少し無理してでも都市部で暮らすという環境変化をすることで、気持ちの面から変化させることができるかもしれない。

 

4.ブログを書く

 

続いて他人と違う行動をする方法としてブログを書くこともおすすめ。

できたらワードプレスで個人サイトを作って収益を得る取り組みをした方が良いけど、最初はアメブロとかライブドアとかFC2の無料ブログサービスでインターネットサイトを作ってみるのも良いと思う。

なんだかんだブログを書くという行為をやっている人は意外と少ない。

その中で収益を得ることが出来るようになった人は更に少なくなる。

僕もライブドアの無料ブログから趣味でスタートして、13年間ほど執筆活動をしている。

そんな僕が自己投資をしてお金を使って、このブログサイトを解説してから2年間が経過した。

そんな僕自身もブロガーキャリアは10年選手である。

今でこそ、なんとかブログから収益を発生させることが出来るくらいにはなったけど、それも最近の話である。

この辺はやる気とか才能も関係してくるのかもしれないけど、結果が伴うまで非常に時間が掛かると覚悟した方が良い。

しかも自分自身と戦う孤独な作業がずっと続く。

だけどブログは自分が得た知識を発信する場所として最適だ。

知識というものは学ぶ以上に、学んだことを発表することの方がより大事だったりする。

ブログを書いて情報発信をすることは、自分が得た知識を自分自身でわかりやすくまとめることができるからである。

自分の意見とか考えをまとめることにもつながる。

だから僕がこうしてブログを書いているのは、自分の勉強したことを自分の中で定着させることにもつながる。

他人にわかりやすく学んだことを伝えるために、どんな表現をしたらいいのか考えながら、文章を書いて行くことが自分のためにもなるのだ。

だから自己表現としてブログは凄くお勧め。

上手くいけば収益を得てお金を稼ぐことにもつながる。

他人と違う行動をして豊かになっていくためのきっかけになるかもしれない。

 

5.YouTuber

 

最後に僕が取り組んでいる他人と違う行動はYouTuberの活動である。

YouTubeに動画投稿をすることは非常に簡単であり、すぐに誰でも無料で動画投稿をすることができる。

僕はブログ以外にも自己表現の場としてYouTubeを活用しているけど、ブログよりもハードルが高いと思っている。

それは動画を制作するという行為が文章を書くことよりも難易度が高いからである。

スマホで撮影した何の編集もしていない動画なら話は別だけど、作品として楽しめる動画を作ろうと思ったら多少の知識が必要となる。

だけどご褒美として動画投稿をしてチャンネル登録者1000人と総再生時間4000時間を達成すれば、広告を掲載してGoogleからお金を貰うことだってできる。

こんなに大きなチャンスが転がっているわけだけど、チャンネル登録者が1000人に達している人は動画投稿をしている人の10%程度だという。

つまり大部分の人はYouTubeで収益を稼ぐことができない。

それ故にYouTubeに動画投稿をする人もかなり少数派で、そこから勝ち残るのは一握りと言える。

そんなYouTubeに動画投稿をすることも他人と違う行動であるといえるだろう。

おかげさまで僕も収益化基準に達することができてYouTuberと名乗れるようになったかなと思っている。

そんな僕もブログと同じくYouTubeへの動画投稿活動はニコニコも含めて14年ほどになる。

だからYouTubeへの動画投稿も10年選手である。

収益化までは長い時間が掛かるから収益目的での活動は大変だけど、他人と違う行動をつづけた結果、自分自身で多少なりともお金を稼ぐことが出来るようになったと思う。

 

一番難しいのは行動することよりも「継続をすること」

 

ここまで僕が取り組んでいる「他人と違う行動」を振り返ってみて、気づいた人もいると思うけど、重要なのは行動する以上に「継続すること」にある。

僕の場合はブログやYouTubeで多少なりとも収益を発生させる事ができるようになったし、ダイエットで30キロ近い減量も達成することができた、

だけど、こうした結果を出すために多くの時間と労力を注いできた。

それも数日・数ヶ月の話じゃなくて数年単位で時間をかけている。

結果が出るまで不安で仕方ない時もあるけど、諦めずに継続をしてきたから安心している部分もある。

受験勉強とか資格試験の勉強もそうだけど、結果を出すためには自分との長い戦いに打ち勝つ必要がある。

僕の場合は良い大学へ入りなおすために受験をやり直したり、お給料が高い仕事を目指して難関資格を取得するための勉強はやりたくなかった。

なぜなら、資格を活かして激務をこなしてキャリアを構築し直さなくては給料を増やすことができないからだ。

そうした活動に時間を使うよりも、今の自分自身を活かして発信活動をした方が楽しそうだなということで、育児をしながら隙間時間で情報発信をしてきた。

勉強も発信活動も、どちらにしても時間をかけて継続する必要はあるから、自分が何をすべきなのかを考えて行動することが大事だろう。

 

まとめ→お金を稼ぐのと給料を貰うのは別の話

 

というわけで僕自身が豊かになるために意識している「他人と違う行動」について振り返ってみた。

参考にしてもらえたら嬉しいなと思う。

ここで再確認してほしいのは、「何をするのか?」以上に「継続すること」が重要になってくる。

「他人と違う行動」をすることは重要なんだけど、それ以上に「継続すること」が難しい。

だから自分が苦痛じゃなくて、楽しんで活動できることを「継続」して欲しいなと思う。

それが勉強でも発信活動でも何でも良いけど、苦痛なことは継続が非常に困難だし、本人が楽しくなかったら絶対に結果は出ない。

これは僕の経験上でもそうだけど、本心からやりたいと思うことじゃなければ結果は絶対に出ないと思う。

なので豊かになろうと思ったら継続できることを始めるべきであると強く主張したい。

またお金を稼ぎたいと思うなら、給料として貰うという発想はやめた方が良い。

自営業を経験してわかったんだけど、税制上は自営業の方が経理上有利である。

つまり給料収入を得ていると必要以上に税金で徴収されるから、いつまでたっても豊かになれない。

給料は貰える上限も決まっているから、大きく稼ぐことは不可能であると考えてほしい。

最終的には起業することが豊かになる近道である。

また、お金を稼ぐなら儲かっている業界に身を置くべきでもある。

僕が従事する美容師業界は飽和していて価格競争が起きている。

こうなると、業界全体が儲からなくなって給料はいつまでも増えないし、稼ごうと思って起業しても、市場に入ってくるお金が少ないから豊かになれない。

まして新型コロナウイルス蔓延と円安の影響でビジネスはかなり厳しくなっている。

こうした日本の情勢を考慮すると、IT系の分野に身を置くことが稼ぐうえではベストかもしれない。

特に誰にでもできることとして、おすすめはYouTuberだろうか。

YouTubeはドルで報酬をくれるから、円安が進むほど収益は増える。

1ドルの価格が高くなるほど、脳みそから汁が溢れるほどの快感を得た。

もちろん日本円が回復すれば収益は下がる。

だけど今は外貨を稼ぐのが有利だから、大金が流れているGoogleにコバンザメのように張り付きながら、流行に乗って報酬をゲットしていくのはありだと思う。

ブログやYouTubeは、良くも悪くも自己責任で厳しい世界だけど、他人に干渉されない仕事だから楽しくてやりがいがあると思う。

というわけで少しづつでも良いから、他人と違う行動に取り組んでみてはいかがだろうか?

楽しく豊かに暮らせるための参考にしてもらえたら嬉しい。

本日の記事は以上となります。

 

・何度か見たことある

・おもしろいな

・参考になった

って思ってもらえましたら

 

・チャンネル登録

・高評価

・コメント

 

非常に喜びます。

ぜひお願いします。

 

通知ボタンぽちも一緒にお願いします。

 

・Twitter

日々、戯れ言を呟いてますのでフォローお願いします。

 

・ブログ

「鉱平ねっと」運営してます。

ブログでは動画の復習ができます。

ぜひブックマークお願いします。

 

このブログでは仕事や生活で役に立つ情報発信をしています。

参考にも反面教師にもしてもらえたら嬉しいです。

今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

 

迷える子羊ちゃんに幸あるように。。。

 

グッドラック!

スポンサーリンク



-戯れ言

Copyright© 戯れ言ステーション , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.