戯れ言 生活

ネットワークビジネスを頑張る人へ

本日は、ネットワークビジネスについてのお話を使用と思う。

今までもブログや動画でネットワークビジネスについて触れたことはあったんだけど、ネットワークビジネスメインのお話をしたことが無かったので、今回は主題として取り上げてみた。

この言葉にどんなイメージをもっているだろうか。マイナスのイメージ?それとも何のことか知らない?

ちなみに僕は20代後半までネットワークビジネスの世界について言葉の意味すらも知らなかった。

だからどんな世界かも知らなかったし、どんなことをしているのかもわからなかった。

そんな僕が実際にネットワークビジネスに誘われて活動をしてみて体験したことや思ったこと、そして今現在の活動についてお話ししようと思う。

僕と同じように接客・サービス業で働く人、子育てをしている人、他にもネットワークビジネスの活動をしている人、勧誘をされて困っている人、将来に漠然とした不安がある人にもぜひ確認してほしい内容なので最後まで読んでもらえたら嬉しい。

 

ネットワークビジネス

 

いわゆる連鎖販売システムのことで一般的には顧客が顧客へ口コミで宣伝勧誘して商品やサービスを提供するビジネスモデル。マルチとかMLMとか様々な言い方で表現される。

テレビCMや雑誌で大きく宣伝広告を打たないで費用を抑えることで高品質な商品サービスを流通させることができるのが最大のメリット。

でも一般人の顧客が一般人の顧客へ宣伝勧誘する行為が金銭的なトラブルを生んでしまうこともある。

それゆえに消費者生活センター等にもネットワークビジネス関連の相談もかなり多いらしい。

ネットワークビジネスの基本的なビジネスモデルはサブスクリプション。いわゆる商品の定期購入だ。

企業にとっても安定利益となるしネットワークビジネスは参加する顧客にとっても多くの会員を獲得すると定期的に安定した収益が入る。

その収益が大きくなれば定期的な不労所得となって自由な時間を手に入れることができる。

こうして人生をリタイヤできるって売り文句で、多くの一般人が不良所得と自由な時間を求めて参加しているのだ。

 

ネットワークビジネスそのものは合法

 

ネットワークビジネスのシステムをネズミ講とかマルチ商法って揶揄する人もいるんだけど、厳密にいえば間違い。

ちゃんと法的に問題ないシステムで運営されているのであれば、それはネズミ講では無いのだ。

またマルチ商法はマスコミが作った造語なので、正しい言葉ではない。

もちろんマルチまがい商法って違法行為の犯罪もあるんだけど、これもマスコミが作った造語。

正しくは、連鎖販売取引と呼ばれる。

法的には消費者庁のホームページとか見ればわかるんだけど、特定商取引法(特商法)って法律に基づいた合法のビジネスモデル。

違法なのは無限連鎖講(いわゆるネズミ講)というわけだ。

ネットワークビジネスのビジネスモデルを採用している会社は連鎖販売取引のことをネットワークビジネスとかMLM(マルチレベルマーケティング)って言葉を用いて商売をしている。

なので厳密にいえばマルチとかマルチ商法ってのは合法で、マルチまがい商法やネズミ講って呼ばれる行為が具違法行為であるといえる。

具体的に何が違法なのかというと、商品が流通せずに金だけが流通するとか、金品を出した加入者が無限に増加することを前提とした、倍々ゲームのシステム等が挙げられる。

少し解釈が難しい例もあるので、違法すれすれのグレーゾーンで戦っている謎企業とかもある。日本では摘発されて政治家にも顔が利く会長が逮捕された超大手の会社もあった。

 

僕の体験

 

僕個人は27歳の時に知り合いから勧誘された事がきっかけで、ネットワークビジネスの世界に足を踏み入れたことがある。

僕自身は4年間ほど活動をして勧誘活動そのものは辞めた。

僕が活動していた会社の製品やシステムは非常に品質が良くて健全なシステムだった。

会社運営も安定していて上場もするくらいには大きな信用を得ている会社で、会員にも特別に負担の大きなノルマがあるわけでもなく気軽に製品を愛用しながら取り組めるシステムだったと思う。

働いている人達も皆とても親切で健全だった。だから製品そのものは今でも愛用していたりする。

じゃあなんで活動を辞めたのかというと、具体的には活動するグループの方針とか人間関係に嫌気がさしたから。

ネットワークビジネスはグループでの活動がメインになる。

でも所属したグループの方針はパワハラ気質で体育会系なノリがあった。

だから若い人がついていけず、せっかく入ってくれた人がいても、すぐにやめてしまう人が多かった。

他のグループが楽しそうに活動をしているのを見ると、僕が所属していたグループに未来があるとは思えなかった。

僕に子供が生まれて家族をそっちのけでネットワークビジネスの活動を強要されるような逆らえない空気感もあった。何も言えない僕の至らなさでもある。

生まれたばかりの子供や疲弊した妻のサポートも全然できない生活をして「幸せな家族の未来があるのか?その先に手に入れた自由や経済的自由になんの意味があるのか?」そんなことを考えるようになって悩んだ。

また僕が、自営業で運営してた美容院を廃業にするか悩んでいた時期も重なって、精神的にも体力的にも金銭的にもボロボロだった。

そもそも僕は元々、人間付き合いを積極的にやりたい人間じゃなかった。

そんな自分が変わるキッカケになれば良いなと思って前向きに挑戦と思ったけど、最終的には、ムリに自分を変えていくのは辞めようって結論のに至ったのだ。

こうしてグループからも距離を置かせてもらって活動そのものは辞めた。

でも会社で働く人達は本当に親切な人ばかりで、製品そのものも非常に優れているから愛用はしている。

だけど付き合いたくもない人間とムリして付き合っても体力と精神をすり減らすだけだった。

自分が頑張って活動しているつもりでも、他人を騙すような悪質な人達もいる。

結局、口コミのビジネスっていうのは、どこかで誤解とか人間の悪意によって間違った情報が伝染してしまいやすい。

僕自身も苦い体験を繰り返し、家族や大事な友人に迷惑をかけてしまったこともたくさんある。

だから僕の勧誘によって迷惑をしていた人がこの動画を見ていたら謝罪します

嫌な気持ちにさせてしまったようでしたら申し訳ございませんでした。

でも僕自身は自分が活動してきたことを無駄だったとは思わないようにしている。

貴重な体験をしたと思って、これからの未来を有意義なものにするために糧にして行きたいと思う。会社のことや、4年ほどの体験を細かく語ると、恐ろしく長くなってしまうので興味がある人がいれば、今後も小出しにしながらお話していこうと思う。

 

ネットワークビジネスの将来性

 

そんな僕がネットワークビジネスに期待した自由や経済的自立が可能なのか?

実際に感じた未来や将来性をどのように感じたのかってお話をすると日本では厳しいのではないかと感じた。

ネットワークビジネスは先行者利益なので取り組みが早い人ほど有利なシステムではある。

でも日本の経済成長が完全にストップしてマイナス成長を続けていること、物価高騰社会なのに日本人の給与所得が伸びない事、貧困化が進んで少子化が加速していることを考慮すると日本市場は縮小していくことが確実。

長く安定した不労所得を得るのは厳しいんじゃないかなと感じる。

長い歴史の中で現代でも注目を浴びるサブスクリプションシステムをいち早く取り入れたシステムは画期的だったと思う。

またネットワークビジネスを禁止している国もあり将来的に日本でそうなる可能性もゼロではないこと。

すでに出来上がってしまったシステムゆえに、特商法より法的に合法化されているので法律から変えないといけない点では日本で禁止されることは無いとは思う。

だけどネットワークビジネスに挑戦する市場としては日本国内ではもう厳しいんじゃないかと僕は思う。

そこに加えて新型コロナ流行で人間関係が遮断される社会が到来だ。少なくとも数年間はまともな活動はできないだろう。

 

結論は新型コロナウイルスの流行で未来がお察し

 

というわけで今現在、ネットワークビジネスの活動に取り組んでいる人に僕から言いたい事。

結論はマジで今すぐ活動を辞めた方が良い。

早くアタマを切り替えたて次の生き方を模索した方が良いと思うってことだ。

絶対に稼げないとか意味が無いとは思わない。取り組み次第では成功する可能性もあると思う。

でも新型コロナウイルスが流行した現代で結果はわかっちゃったんじゃないだろうか。

世の中が人々の接触を避ける事態になるなんて僕自身も考えたことが無かった。

今現在の世の中は異常事態が起きている。

そんな状況下で一生懸命に人間同士の直接的な付き合いを重視するビジネスモデルに力を入れるのは難しいのではないだろうか。

先日、ファミレスにノートパソコンを持ち込んでブログを執筆していたら、隣のテーブルで一生懸命にミーティングをしている若い女の子達がいた。

彼女たちは真剣にノートパソコンを開いてリーダーと思わしき男性とオンライン会議をしていたのだ。

僕の経験上、会話内容からネットワークビジネスの結果報告とか活動の相談をしているんだなって分かった。

こんなコロナで人が接触できない状況下でも一生懸命にネットワークビジネスの勧誘活動を頑張ろうって若者もいるんだなと思って驚いた。

コロナでわかってしまったのは人間同士の接触は最低限度でOKってこと。

若者を中心とした貧困化によってお金の使い方にシビアな人が増えていること、また将来のことを考えたとき日本市場は縮小傾向にあること。

新型コロナウイルス流行でネットワークビジネスの日本市場の未来はお察しであると言える。

現実を直視しよう。

 

継続するのは自由

もちろんネットワークビジネスの活動を否定はしない。

一生懸命に取り組んでいる人がいるのも知っている。

だから未来を変えると息まいて頑張ることは良いと思う。

そしてネットワークビジネスのシステムそのものは画期的なアイディアだ。

商品とかサービスの中身によっては先行者利益が取れれば大きいと思う。

ただし僕個人的には精神的、肉体的苦痛を伴うわりに効率が悪くて利益率が低いビジネスだなって思っている。

つまりネットワークビジネスの活動は不労所得でも無く肉体労働であること。また時間の無駄で儲かりにくいってこと。

本当に不労所得を得るまでには物凄い労力を使うのは確実だ。

本当にネットワークビジネスで成功できる人は他の分野でも成功できると思う。

実際に儲かっているって人や一生懸命活動を頑張っている人も見たことがある。マジで凄まじい行動力だった。

ただし本当に稼いでいるのかは不明だし謎。

雰囲気だけのケチで奢ってもくれないファッション金持ちもいる。

中には社会的信用が高い職業に人や僕と縁のない大手企業で仕事をしている人、芸能人や各分野の有名人と出会う機会もある。

「何でこんな人がネットワークビジネスの活動しているの?」って思ってしまうような人もたくさんいた。

いろんな人に出会うキッカケにはなると思う

様々な考えに触れて貴重な体験もできるから、頭ごなしに否定するつもりはない。

むしろネットワークビジネスの世界を表面的にしか知らない人よりは、興味深い世界を知ることができたかなとすら思う。何事も経験なのだ。

 

自分の商品を持つこと

 

僕はネットワークビジネスの活動を辞めてからは、適当に美容師の仕事を楽しみながらブログやYouTubeに動画投稿活動をしている。

そんな生活をしながら家族との時間を大事にして息子の成長に向き合っている。

本当に大事な事に気づけたのは、家族がいたからだろう。

今後は、しっかり息子との時間を共有して成長していくところを目に刻みたいと思う。

いくらお金があっても、この瞬間はお金で買い戻すことはできないんだ。

大事な我が子との貴重な時間を無くすくらいなら、将来の自由や不労所得なんていらない。

息子が笑顔で「パパ好き!」って懐いてくれる方が全然幸せ。

僕はネットワークビジネスの活動を辞めて後悔はしていない。

自分が好きなことをできている今が本当に幸せだと思う。

もちろん将来の経済的不安はある。

自由な時間を得るためにお金だってほしいって思う。

なので今は少しでもやりたいことをやりながら生きられるようにと思って、自分の商品を作りながら情報発信をしている。

ブログの記事やYouTube動画だって僕の貴重な商品と言える。

いつかは本を出したいし、僕が作った小説や音楽やゲームを世に出したいとも思っている。

そんな楽しいクリエイター生活を目指して奮闘中だ。

もし何もやりたいことが無いならネットワークビジネスの活動をしてみるのもありかもしれない。

でも何かやりたいことがあってネットワークビジネスの活動をしているのなら辞めた方が良い。

大変な道のりかもしれないけど、ネットワークビジネスの活動をする時間をやりたいことをやるために全力で向き合った方が良い。

サーフィンが好きで、いつもサーフィンをできるように時間をつくれるお金がほしいとネットワークビジネスの活動をしているって人がいた。

ソシャゲの課金を気にせずにやりたいって目的の人もいた。

でも今思うのは、趣味とか、やりたいことの活動をブログに書いたり動画にして情報発信した方が楽しいんじゃないかなと思う。

つまりYouTubeやブログ活動をするってことだ。

その方が同じ楽しみを共有する仲間だってできる。多くの人の役に立てば利益にもなる。

その方が全然楽しい生活をできるんじゃないだろうか。

僕は実際に、ネットワークビジネスの活動をしているときは「何も楽しくなくて精神的に追い込まれてイライラしながら酷い顔で勧誘している」と妻に言われた。

僕はそこでハッとなり、自分で考え直して活動を辞める決意をした。

楽しいことをしていなければ結果も出ないと思うし誰も幸せにならない。

だから僕は自分が楽しいと思える、YouTube投稿とかブログ活動を再開した。

元は趣味程度に投稿を楽しんでいたけど、ネットワークビジネスの活動で全然やってなかったから、本気でやってみようかって気持ちになった。

YouTubeでもこんな可能性があるんだって思わせてくれたのは「おるたなチャンネル」を運営するYouTuberのお2人がどんどん人気になっていくところをリアルタイムで見ていたから。

気づけばあっという間に数万人から100万人以上のチャンネル登録者を増やして本当にすごいなと思った。僕は自分がどこまでやれるのか挑戦したくなったので活動している。ぜひ応援してほしい!

 

まとめ

 

ネットワークビジネスの活動は少子化と貧困化による日本の市場縮小が確実なので難しいビジネスと言える。

出来れば活動を辞めて、何かやりたいことに専念した方が良いと思う。

だんだんお金を使わないようにする人が増えていくので、若い人を中心にネットワークビジネスでお金を使わせるのは厳しくなるだろう。

自分を変えたいと思う気持ちは凄く大事だと思う。

あとはその方法だ。

僕はブログやYouTubeで動画投稿する道を選んでいる。

本当にやりたいことを取り組めることは幸せなことだなと身をもって実感した。

もしネットワークビジネスを惰性で仕方なく楽しくないと思いながら取り組んでいる人がいたら勇気を持って辞めてみてほしい。

それでもやりたいと思ったら再び挑戦すればいい。疑問を感じている部分があるなら、まずは本当に自分が全力でやりたいことに挑戦してみた方が良いと思う!ぜひ頑張ってみてほしい!

本日の記事は以上となります。

 

このブログでは仕事や生活で役に立つ情報発信をしています。

ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

YouTubeやっています。

・何度か見たことある

・おもしろいな

・参考になった

 

って思ってもらえましたら

 

・チャンネル登録

・高評価

・コメント

 

非常に喜びます。

ぜひお願いします。

 

 

・Twitter

日々、戯れ言を呟いてますのでフォローお願いします。

 

・ブログ

「鉱平ねっと」運営してます。

ブログでは動画の復習ができます。

ぜひブックマークお願いします。

 

というわけで、今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

 

迷える子羊ちゃんに幸あるように。。。

 

グッドラック!

スポンサーリンク



-戯れ言, 生活
-,

Copyright© 鉱平ねっと【戯れ言ステーション】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.